タイヤを新たに購入した際、慣らし走行の必要性が謳われます。新車の慣らしは広く伝えられているけれどタイヤも慣らしって必要? これには表面の余分な油膜を取り、ホイールと馴染ませるなど相応の意味があるんです。, 新品タイヤを装着後、いきなり全開では本来の性能もそうだけれど安全性だって懸念されます。ここでは理解を深める為にも慣らし走行の必要性を確認します。, 新品タイヤをホイールに組み込み初めて内部に空気を充填すると、骨格であるベルトなどの構造部材が僅かながら膨張します。タイヤが成長する、という表現を用いますが厳密には「寸度成長」もしくは「寸法成長」と言われます。, この成長期には約1ヶ月間で 10 ~ 20kPa 空気圧が減少、これにより発熱もしやすい為に過酷な走行は避けるべき、とメーカーも強く伝えています。, また製造工程でトレッド面に油などが付着しており、そのままでは本来の性能が発揮出来ないし何より安全性が懸念されます。一定速度で一定距離を走行し、この油分を取る(トレッド面の表面の薄皮を剥く)必要があります。, 更にホイールと馴染ませる意味合いもあるんです。装着直後はホイールへの均一な密着が不足しています。慣らしをすることで均一性が高まり偏摩耗等の予防に繋がります。結果、寿命にも影響するということです。, ドライバーが新たな製品へ慣れるのも目的のひとつになります。それまでとは異なる性能特性をより安全な環境で体感し慣れることは非常に大切です。, 実はメーカーにより微妙に慣らしの指針が異なります。走行速度は大よそ60km/h位は皆同じ、負担を出来る限り少なくすることを意識したい。しかし、走行距離が100km位を示すところから、200km位まで必要というところまで。100kmの違いは大きいんですけど‥ そこでここは中間の150km位としておきますか。, ということで、特別難しいことを求めている訳ではありません。過度な負担、具体的には急発進や急ブレーキ、激しいコーナリングなどを避けなるべく優しく一定距離(150km位)を走りましょう。, これが終えたなら空気圧等を再確認、不足があれば充填します。これで一応慣らし終了です。タイヤはホイールと程よく馴染み、自体も適正コンディションに仕上がっているはずです。本来の性能発揮、大いに期待します。, タイヤに特化した専門サイト! 単身オリジナル情報の発信に励む、2006年開設です。, 製品情報・評価等は個人的見解であり絶対的に保証するものではありません。また内容には誤り・遺漏等がないよう細心の注意を払っておりますが完全ではありません。その場合でも一切の責任を負いかねますのでご容赦願います。, 【K1 さん】DUNLOP SP SPORT MAXX 050+(純正MO認証タイヤ)からの交換です。SPORT・・ 掲載日:2020.11.9, 【ワジュウェイ さん】今回が最終投稿です。(笑)1シーズン通じて使用してきましたが、いいタ・・ 掲載日:2020.11.3, 【163 さん】静粛聖は特筆する程高くない。乗り心地も割と突き上げ感がある方です。ハンド・・ 掲載日:2020.10.30, 【青ちゃん さん】BSプレイズPX-Cからの履き替えになります。慣らし運転中ですが、荒れた・・ 掲載日:2020.10.25, 【T.K さん】4年,18,000kmで同じタイヤに入れ替えました。BSレグノを使い続けていましたが・・ 掲載日:2020.10.19. トーヨータイヤが2月14日に発表した2019年12月期(1月~12月)の連結決算は、営業利益が前年同期比9.3%減の384億4700万円と、4期連続の減益となった。 トーヨーの乗用車タイヤの特徴 ミニバン専用タイヤ「tranpath」で有名なタイヤメーカーです。主たる国内メーカーの中で最小規模ですが、それ故チャレンジがしやすいようです。例えば小中型欧州suvの専用設計タイヤを発売するなどで他社との差別化を図っています。 スタッドレスタイヤは装着直後の新品状態では、狙った性能が出ないことをご存じだろうか? じつはひと皮むけていないタイヤは「吸水」「密着」「ひっかき」性能が十分に発揮されないのだ。なぜ慣らしが必要なのか? そして慣らしのやり方とは? こんにちは!タイヤワールド館bestです。 スタッドレスシリーズも第4弾です。 今日はトーヨータイヤについてご紹介したいと思います! 雪が降ってから慌てないように、今年の新商品、bestオススメスタッドレスタイヤをチェックして、冬に備えましょう♪ お勧め;国内メーカーで安価なタイヤをお探しの方. ミニバン専用タイヤ「TRANPATH」で有名なタイヤメーカーです。主たる国内メーカーの中で最小規模ですが、それ故チャレンジがしやすいようです。例えば小中型欧州SUVの専用設計タイヤを発売するなどで他社との差別化を図っています。北米ではNITTOブランドでの販売をしており、近年は、国内よりも海外に注力しています。例えばヨーロッパでのシェア拡大に意欲的で「PROXES」ブランドで知名度を上げることに精力的です。, 国内の主力である「TRANPATH」にはスタンダードの「mpZ」、プレミアムの「LUⅡ」、ハイト系軽自動車用「LuK」更にミニバン専用スタッドレスまであります。スタンダード低燃費タイヤは「NANO ENERGY」ブランドでリリースされています。フラッグシップブランド「PROXES」はプレミアムコンフォートからリアルスポーツまで幅広く取り揃えています。最近ではSUV用タイヤも力を入れており他メーカーの同クラスタイヤに比べて安価に販売されています。スタッドレスは「GARIT」ブランドでリリースされています。, 価格帯;国内メーカー同グレードで比較した場合、最も安価です。 サーキットにおいては、基本的に新品=フレッシュタイヤの1周目が一番タイムが出る美味しいコンディションであることが知られているが、雪道を走るスタッドレスタイヤの場合はどうだろう?, もちろん、1シーズン、2シーズンと使った中古タイヤよりは新品タイヤの方がグリップする。しかしじつはおろしたての新品タイヤの状態では、ベストパフォーマンスは発揮できない!, スタッドレスタイヤは、気泡を含んだゴムなどを採用し、吸水・吸着効果・柔軟性などを持たせているが、工場から出荷されたばかりのタイヤは、タイヤの表面に薄いゴムの「皮」が覆っており、肝心の気泡などがその「皮」の下に隠れてしまっているからだ。, このタイヤの「皮」は、ゴムを加硫し金型に流し込んで作る製造過程の関係上、どうしても金型から抜いたときにタイヤの表面に生じてしまう。そのため、この「皮」をむいてやらないと、スタッドレスタイヤの三大性能、「吸水」「密着」「ひっかき」性能が、十分に発揮されないことになる。タイヤの表面をひと皮むくのは、特段難しいことではなく、雪道を走る前に、ある程度の距離を走ればいいだけ。, スタッドレスタイヤの皮むき=慣らし運転は、一般道を60km/h以下の速度で、200km以上走っておけば完璧。最低でも一般道のドライ路面で100kmほど走ってから雪道に行くのが望ましい(高速道路は路面が滑らかなので、スタッドレスタイヤのナラシには不向き。どうしても高速道路でナラシをする場合は、少なくとも200kmぐらいは走ること)。, 慣らし運転中は、もちろん急ブレーキ、急ハンドル、急加速などはNG。慣らしを終えたら、もう一度空気圧もチェックするのも忘れずに。時間も、気遣いも必要になるが、慣らし運転を行ったスタッドレスタイヤと、新品バリバリのスタッドレスでは、同じタイヤでも雪上・氷上のグリップがまったく違う。, 今シーズン、せっかく新しいスタッドレスタイヤを購入するのなら、本格的なシーズン前に余裕をもってスタッドレスタイヤを装着し、慣らし運転を済ませたうえで、雪道に備えておこう。, ちなみに、スタッドレスタイヤだけでなく、じつは新品の夏用タイヤでも慣らし運転は重要。夏用タイヤの場合、皮むきというより、ゴムやカーカスコードを馴染ませ、一定の状態にするのが目的。80km/h以下の速度で100km以上走るのが目安だ。, カーポートマルゼンがオススメするスタッドレスタイヤを紹介! 専門店ならではのこだわりも満載, 同じゴムの輪だけど夏タイヤと何が違う? スタッドレスタイヤが雪や氷でグリップするワケ, 人気車種はとくに要注意! スタッドレスタイヤを買うなら雪が降る前の「10〜11月」にすべき理由4つ, トーヨーの新作スタッドレスを「アイス路」や「圧雪路」で徹底チェック! 実感できた進化とは. 軽トラ用のタイヤとしてトーヨー「open country r/t」を装着している、という人が意外に居ること驚いた。軽トラは農業用など使い勝手がいい、田舎ではこれ1台ですべての用途に使用する爺さんなど多いかな。 そういう私も数年前に親父が亡 トーヨーのスタンダード低燃費タイヤ「sd-7」、これを装着しサーキットを走行するという動画です。耐摩耗性に感心しきり、これってメーカーの特性でも謳っていることです。 タイヤを新たに購入した際、慣らし走行の必要性が謳われます。新車の慣らしは広く伝えられているけれどタイヤも慣らしって必要? これには表面の余分な油膜を取り、ホイールと馴染ませるなど相応の意味があるんです。 新品タイヤを装着後、いきなり全開で (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); トーヨーのフラッグシップブランド「プロクセス」のプレミアムコンフォートタイヤです。 性能評価 快適な車内空間を作る為、ロードノイズやパターンノイズを抑え、静かな走りが出来るように設計されています。高速安定性は中の上といっ …, トーヨーのフラッグシップブランド「プロクセス」のプレミアムスポーツタイヤです。   性能評価 高いウェットグリップ性能を実現したプレミアムスポーツタイヤです。新開発手法であるナノバランステクノロジーにより開発さ …, トーヨーのフラッグシップブランド「プロクセス」の小中型欧州車向けコンフォートタイヤです。 性能評価 高トルクで車重の重い傾向にある欧州車向けに開発されたコンフォートタイヤです。高い剛性を持ちキビキビとした走りが出来ます。 …, トーヨーのフラッグシップブランド「プロクセス」のリアルスポーツタイヤです。 性能評価 Sタイヤのコンパウンドを採用したことで高いグリップ力を獲得しています。また、左右対称に斜めにカットされた溝を持つ非常に特徴的なパターン …, トーヨーの低燃費タイヤブランド「ナノエナジー」のフラッグシップタイヤです。 性能評価 低燃費タイヤブランド「ナノエナジー」の中で、低燃費タイヤの2つのラベリングで最高グレードを達成したフラッグシップタイヤです。自社の技術 …, トーヨーの低燃費タイヤブランド「ナノエナジー」のベースグレード低燃費タイヤです。 性能評価 基本的な安全性能に低燃費性能を加えたスタンダードタイヤです。低燃費性能を示す転がり抵抗性能は並の’A’で …, トーヨーの廉価タイヤです。 性能評価 「TEO plus(テオプラス)」の後継となるトーヨー最廉価モデルのタイヤです。店頭販売ではトーヨーのモデルの中で最も安価に販売されますがNANO ENERGY 3 plusの方が安 …, トーヨーのミニバン専用タイヤ「トランパス」のスタンダードタイヤです。 性能評価 ミニバン専用タイヤの先駆者であるトーヨーのスタンダードミニバン専用タイヤです。フラつきを抑えて高速での車線変更でも安心してハンドルが切れます …, トーヨーのミニバン専用タイヤ「トランパス」の上位クラスタイヤです。 性能評価 ミニバン専用タイヤの先駆者であるトーヨーの上位クラスミニバン専用タイヤです。最も大きな特徴はフラつきの抑制効果が高いことで、重心の高いミニバン …, トーヨーのミニバン専用タイヤ「トランパス」のプレミアムタイヤです。 性能評価 ミニバン専用タイヤの先駆者であるトーヨーのミニバン専用プレミアムタイヤです。ミニバン特有のフラつきと肩減りを抑えてくれます。また一般に剛性を増 …, トーヨー「トランパス」のハイト系軽自動車用タイヤです。 性能評価 ミニバン専用タイヤの先駆者であるトーヨーのハイト系軽自動車用タイヤです。車内空間を広くとるために上へ伸びた軽自動車は車幅が狭いのに重心が高くなった為、フラ …, トーヨーのフラッグシップブランド「プロクセス」のプレミアムスポーツタイヤです。一部サイズを除きカタログ落ちしました。後継モデルはPROXES SPORTです。 性能評価 高い運動性を持ちながら、可能な限り快適性を損なわな …, トーヨーのフラッグシップブランド「プロクセス」のカジュアルスポーツタイヤです。 性能評価 街乗りからスポーツ走行まで広く楽しめるタイヤです。ドライグリップもウェットグリップもそこそこで、剛性もボチボチなので多少スポーティ …, トーヨーのスポーティータイヤです。 性能評価 ハイグリップタイヤと呼ぶには頼りないものの、剛性は比較的高いのです。低燃費タイヤは柔らかくて気に入らないとか、もう少しグリップが欲しいとか感じる方には良いかも知れません。国内 …, トーヨーの低燃費タイヤブランド「ナノエナジー」の中で、高い低燃費性に特化したタイヤです。 性能評価 全サイズにおいて低燃費性能を示すラベリング、転がり抵抗性能で最高グレード’AAA’を獲得していま …, メールでの個別のお問い合わせにはお答えしておりません。 コメント欄でのご質問であれば他の方の参考になる場合もあると考え可能な限りお答えしていきます。個別のお問い合わせについてはそちらへお願いいたします。, ヨコハマからオフロードドレスアップタイヤ「GEOLANDAR X-AT(ジオランダー エックスエーティー)」発売決定, ダンロップタイヤから発売されるオールシーズンタイヤ「ALL SEASON MAXX AS1(オールシーズン マックス エーエスワン)」とは.