Via : https://www.sonyalpharumors.com/sr5-nice-series-of-primes-on-sonys-lens-roadmap/, CANONも一眼レフ用ですがIII型レンズとしてリファインを進めるという情報がありましたが、SONYも負けじとレンズラインナップの強化を進めるということですね。, ボディ側についてはSONYのミラーレスカメラとして一眼レフカメラを超えた宣言を出しましたので、今後はレンズ群を中心としてシステム全体の勝負になりそうですね。, 《新品》 SONY (ソニー) FE 70-200mm F2.8 GM OSS SEL70200GM[ Lens | 交換レンズ ]【KK9N0D18P】価格:294182円(税込、送料無料) (2018/7/20時点), 《新品》 SONY(ソニー) FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS SEL100400GM[ Lens | 交換レンズ ]【KK9N0D18P】価格:285100円(税込、送料無料) (2018/7/20時点), https://www.sonyalpharumors.com/sr5-nice-series-of-primes-on-sonys-lens-roadmap/, 《新品》 SONY (ソニー) FE 70-200mm F2.8 GM OSS SEL70200GM[ Lens | 交換レンズ ]【KK9N0D18P】, 《新品》 SONY(ソニー) FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS SEL100400GM[ Lens | 交換レンズ ]【KK9N0D18P】, オリンパスは100周年記念モデルとして高価なOM-D E-M1 Mark IIの上位機種をPhotokinaで発表する?(43rumors), リコーイメージングが新ブランドJ limited立上!K-1 MK2ベースのJ limited 01とGRIIIベースのJ limited 02をお披露目, 【特価情報】ニコンダイレクトの訳ありアウトレットでZ6のボディが3年保証で価格.comより安い!, 最良のソースからの情報で、SONYの優先事項は高画質なフルサイズEマウント用単焦点レンズを出すということだ, そのソースはどのレンズかについては伝えてくれなかったが、他のソースによればこれらのレンズの開発が行われている. 【フォトキナ】ソニー、新レンズロードマップを公開 Distagon T* FE 35mm F1.4 ZAなどを順次投入 Reported by 小山安博 (2014/9/18 15:40) とのこと。 Sony Alpha rumors:RUMOR: Sony will launch 6 new E-mount lenses in 2020. 情報提供者は2019年に「70-350mm」を含むレンズロードマップを言い当てており、今回も現実味のあるレンズロードマップだと確信している。, ソニーが一部のレンズ(特にGMズーム)をリニューアルし、スポーツや野生動物の撮影に適した新しい望遠レンズを投入するのは理に適っているように思える。. Sony Alpha rumorsがソニーEマウント用交換レンズについて噂情報を発信しています。, この噂はとてもしっかりとした情報源から得ている。 EOS R5などのデザイン過程を紹介する「人から生まれるカタチ Canon Design」展, プリントすると写真の表現力がアップする!Canon PRO-G1 セミナー・体験会, 顔・瞳認識は?AF測距エリアは?バッテリーは?…スポーツ写真家・奥井隆史さんに「EOS R5」のあれこれを聞く, 世界最大のカメラ関連見本市「フォトキナ2014」のソニーブースでは、「α7」シリーズや、直前にドイツ・ベルリンで開催された「IFA 2014」で発表されたレンズスタイルカメラ「DMC-QX1」、アクションカム「HDR-AZ1」、オランダ・アムステルダムで開催された「IBC 2014」で発表された4Kカムコーダー「PXW-FS7」といった展示が中心。, デジタルカメラのボディは新発表がなかったが、フォトキナにあわせて発表したレンズを展示したほか、自社設計・製造のレンズ技術をアピールするコーナーも設けており、αユーザーに対して基本性能をアピールしていた。, フォトキナで発表されたレンズは、「Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 OSS」と「FE PZ 28-135mm F4 G OSS」の2本。今回、16-35mm F4レンズを投入することで、24-70mm F4、70-200mm F4と合わせて、いわゆる「小三元」レンズがそろったことになる。, これまでのレンズロードマップも更新され、2015年にさらなるレンズを投入することも明らかにされた。3月には「Distagon T* FE 35mm F1.4 ZA」、「FE 90mm F2.8 Macro G OSS」、「FE 28mm F2」および「16mmフィッシュアイコンバーター」と「21mmウルトラワイドコンバーター」を発売予定。2月には「FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS」も発売する。, これによりレンズラインナップ、フルサイズ向けは35本、APS-Cサイズ向けは29本の計64本になる見込みで、同社の業務執行役員SVP イメージング・プロダクツ&ソリューションセクター 副セクター長デジタルイメージング事業本部長の石塚茂樹氏は「要望が多かったレンズを徹底的にやる」と話し、ボディではなくレンズに注力したという。, その注力の一環としてブースでは、「レンズが他社の製造だと思っている人もいる」(同社)ことから、自社設計・製造で独自技術も開発して力を入れている点をアピールする。例えば超音波モーターの「Direct Drive SSM」、静粛なAFを可能にするリニアモーター、動画向けに絞りの開閉をゆっくりに制御するサーキュラー絞り、ナノARコーティングなど、さまざまなレンズ技術を紹介し、レンズの実力をアピールしていた。, カメラの基本性能では、α77 IIやα6000などに搭載されているファストハイブリッドAFを、新たに「4Dフォーカス」というブランド名に変更。横、縦、奥行きの3次元に加えて、動きを予測する意味での「時間」軸を加えた4次元での高速で正確なAFを実現している点をアピールしていた。, QXシリーズは、昨年のIFAに引き続いて新製品の発表で、今回はAPS-Cサイズセンサーを搭載してレンズ交換に対応したQX1の方がメインの紹介のようだ。石塚氏は、QXシリーズが「期待通りと期待外れ」という2つの側面があり、昨年の発表以降反響は大きく、「一定の成功はあった」という。ただ、石塚氏は「コンセプト的には受け入れられたが大ブレークしなかった」というという認識だ。とはいえ、もともと「数を追う製品ではない」というスタンスで開発しているようだ。, QX1は「需要が大きいとは思わない」と石塚氏。QXシリーズは「面白いと思って買ってくれる人がいるのはわかった」ため、そうしたユーザーに向けての展開に加え、レンズ交換式ということで、「天体望遠鏡に装着してタブレットで確認して撮影する」など、これまでとは異なる用途が出てきていると石塚氏。「トライアンドエラーしつつ、諦めずにやっていこうと思っている」と強調する。, コンパクトデジカメでソニーは、高級コンパクト、高倍率ズーム機、ネオ一眼タイプの3種類では欧州市場でシェアを拡大しているが、それぞれのジャンルで競争は激しくなっている。石塚氏は、「さらに一歩先に行く仕込みをしている」と話し、次の新製品では、「“この手があった、こんな技術があったのか”というカメラを紹介できると思っている」と言う。, また「“正常進化”というより、1歩も2歩もジャンプしたような進化で、(想像の)斜め上に行きたい」と石塚氏は意気込みを語り、今後の商品戦略に期待を持たせている。, ソニー、高倍率ズームレンズ「FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS」を正式発表. 彼らはレンズロードマップに集中している; そのソースはどのレンズかについては伝えてくれなかったが、他のソースによればこれらのレンズの開発が行われている 24mm f/1.4 GM; 135mm FE GM; 500mm f/5.6; 600mm f/5.6; 200-600mm (zoom) All rights reserved. Impress Corporation. 2018〜2020年途中までの15本は既にロードマップに掲載されており、その時点でのラインナップは現在(2018年9月)のソニーeマウントの純正フルサイズ用レンズとほぼ同程度の本数となる予定のようです。 zマウントに期待されるレンズ Most of them tele primes and tele zooms? 情報提供者は2019年に「70-350mm」を含むレンズロードマップを言い当てており、今回も現実味のあるレンズロードマップだと確信している。 ソニーは2020年に6本のEマウントレンズの発表を計画している。 1本はAPS-C用レンズとなるだろう。 他にも非球面レンズの影響が色濃く出ているFE35mm F1.4や、設計の古いキットレンズ28-70mmあたりもリニューアルして欲しいところ。. One of my best sources confirmed that Sony’s priority is to launch new high quality primes for the Full Frame E-mount. 【広告】Yahoo!ショッピング 超P祭グランドフィナーレ スポンサーリンク Canon Rumorsがフルサイズミラーレス「EOS R」シリーズの新機種について噂情報を発信しています。 キャッシュバ ... 【広告】Yahoo!ショッピング 超P祭グランドフィナーレ スポンサーリンク DPReviewが海外で正式発表されたばかりのソニー製交換レンズ「FE 20mm F1.8 G」を使ったサンプルギャラリー ... 【広告】Yahoo!ショッピング 超P祭グランドフィナーレ海外の噂情報サイトがキヤノンの新製品に関する噂情報を色々と発信しています。 キャッシュバックキャンペーン一覧表 キャンペーン 特典 対象期間 ... 【広告】Yahoo!ショッピング 超P祭グランドフィナーレフジヤエービック がアウトレットを更新。初登場となる「LUMIX S1 標準ズームキット」の未使用買取品をリストに追加しました。 キャッシュバ ... 【広告】Yahoo!ショッピング 超P祭グランドフィナーレCanon Rumorsがキヤノン「EOS-1D X Mark II」後継モデルについてCR1と低い格付けながら噂情報を発信しています。 キャ ... ソニー「FE16mm F1.8 GM」の正式発表は2021年初め頃まで延期が濃厚か?, ソニー「FE 20mm F1.8 G」は四隅まで驚くほど良好なボケを維持した広角レンズ, キヤノンEOS R高画素モデルが2月に”未知のボディタイプ”が5月に登場する?【噂】, DPReviewがソニーFE 20mm F1.8 Gのサンプルギャラリーと第一印象を公開, EOS-1D X Mark IIIのプロトタイプは30fps連写速度で2810万画素カメラ?【噂】, キヤノン「EOS-1D X Mark III」と「EOS-1D X Mark II」の外観・スペックの違い. ソニー 業務執行役員SVP イメージング・プロダクツ&ソリューションセクター 副セクター長デジタルイメージング事業本部長の石塚茂樹氏, α7Sの高感度の紹介。暗所の被写体がISO感度を上げると明るく写っていく様子が確認できる。ISO51200まであげると昼間のような明るさ. パナソニックが「lumix s 85mm f1.8」と最新レンズロードマップを正式発表【更新】 2021年に大きく進化したマイクロフォーサーズ向けの新しいソニー製センサーが登場する? キヤノンが「rf50mm f1.8 stm」「rf70-200mm f4 l is usm」を正式発表; 富士フイルム「gfx100」は11月下旬に4億画素のハイレゾ … Copyright ©2018Impress Corporation. All rights reserved. That’s their focus on the lens roadmap. Eマウントレンズのラインアップに穴があるとすれば、確かに望遠レンズ(200mm F2や300mm F2.8)かもしれませんね。ズームレンズが不足しているとは感じないので、SARが推測しているように70200Gや70200GMのリニューアルでしょうか。個人的に最短撮影距離が長くて使い辛い70200Gはリニューアルして欲しいレンズ。 交換レンズの商品検索結果一覧です。マップカメラでは、話題のデジタルカメラから、フィルムカメラ、交換レンズをはじめ、新品から中古までカメラ・レンズの販売・買取・下取・委託を行っております。