評価 インプレッサxvの実燃費 1.6 . 長所:アイサイトのオートクルーズは 停止までフォローされていて秀逸。代車の1.6と比較して CVTの感触がいい。エンジン回転数だけ上がっていってしまうことはなくリニア。 走行性能:★★★★★  スバル インプレッサの燃費一覧。全国のオーナーからの給油情報を元にした実燃費が分かります。クルマの乗り方によっても燃費は大きく異なります。車レビューも参考になります。  安全面では定評のあるアイサイトはもちろん、日本車で初採用となる歩行者保護エアバッグを全車に標準装備している。2019年10月には大幅な改良を受けている。, 排気量:2000cc トランスミッション:CVT 満足度:★★★★★  装備:★★★☆☆ ステレオカメラだけでここまで制御してるのはすごいと思う。 評価 室内:★★★★☆ シンプルで好感が持てます。 月ごとの実燃費 この3つのポイントで紹介したいと思います。 乗り継いでこの車に至るがさすがの4駆スポーツ308psは伊達じゃない!, 3月に一回は手がけワックスをかけてあげたいけど最近はスタンドのお兄さんに任せてしまってごめんな 「今まで乗った車は、1500cc以下だったので、この車は次元が違いました。四輪駆動による高速での安定性。コーナーでも簡単に曲がり、アイサイトで運転は疲れなくなります。どこにでも乗り回せる実用車としては、一番かと思います」. 装備:★★★★★  短所:あえて言えばiPhoneの音楽が再生できれば最高。 長所:コーナリングがスムーズで気持ちがいい。雨天時の水たまりも気にならない。ブレーキホールドで発進時もらくちん。 燃費性能:★★★☆☆ この時代のスバルだから。 暖かくなったらまた頑張ります❗, 車種名:スズキ エブリイ 走行性能:★★★☆☆ 必要にして充分。 室内:★★★★☆ 特に不満はない。 評価 ぶつからないクルマ?として大きなインパクトを与え、人々のクルマの安全性能に対する意識を大きく変革させたスバルのアイサ... 排気量:2000cc トランスミッション:CVT スバルの中核モデル、インプレッサは「水平対向エンジン+シンメトリカルAWD」というスバル独自のレイアウトを採るCセグカーだ。日本だけでなく、北米でも人気のモデルである。Motor-FanTECHの会員の方々にも多くのオーナーがいる。そのオーナーにアンケートを実施。 走行性能:★★★★★ 高速及びブレーキ操作時も安定性している。 カーリースでは車に関する税金や自賠責保険料などの法定費用はもちろん、オプションプランの追加などによって車検費用や部品交換費用も定額制にすることができます。しかし、燃料費は別に用意しなければなりません。そのため車選びの際には燃費性能を必ず確認しておくようにしましょう。, インプレッサスポーツに搭載されるエンジンはすべてスバル伝統の水平対向エンジンです。現行の5代目インプレッサスポーツには新開発の2.0L直噴と1.6Lが採用されました。, エンジンのほぼすべての部品を新設計し高剛性・軽量化、摩擦の低減を実現したことで、走行性能と燃費性能が向上。さらにトランスミッションには改良によって発進加速性能と高速巡航時の燃費の双方を向上させたリニアトロニックを組み合わせました。インプレッサスポーツはダイレクトな加速感で走る喜びを感じさせながらも、優れた燃費性能を持つモデルとなっています。, 同クラスのライバル車と燃費を比較して、インプレッサスポーツにどのようなメリットがあるのかを確認してみましょう。ここではトヨタ「カローラスポーツ」とマツダ「MAZDA3 ファストバック」と比較してみます。, 「新世代ベーシックカー」として、2018年6月にオーリスの後継車として登場したカローラスポーツは、コネクティッド機能を標準装備した新しいモビリティライフを体現する車です。, カローラスポーツのJC08モードカタログ燃費はハイブリッド2WD車が30.0~34.2km/L、ガソリン2WD車が15.4~19.6km/L、4WD車が17.2km/Lとなっています。, ハイブリッド車がラインナップされているので車種の燃費としてはカローラスポーツが有利ですが、ガソリン車同士の比較ではインプレッサスポーツとカローラスポーツの燃費性能は同程度といっていいのではないでしょうか。, 優れた安全性能と走行性能を備え、バランスの取れたモデルとして人気があるのがマツダ「MAZDA3 ファストバック」です。エレガントなエクステリアのデザインや上質なインテリアがマツダならではの魅力を放っています。, MADZA3 ファストバックのWLTCモード燃費はガソリン2WD車が15.6~17.8km/L、4WD車が15.8km/L、クリーンディーゼル2WD車が17.2km/L~19.8km/L、4WD車が16.2~18.8km/Lです。, MAZDA3 ファストバックで採用されているWLTCモードはインプレッサスポーツで採用されているJC08モード燃費と計測方法が異なるため一概に比較はできませんが、両者のガソリン車の燃費性能にはそれほど大きな差はないと考えていいでしょう。, JC08モード燃費においては、カタログ燃費と実燃費の間に差があるのが一般的です。そのため燃費をチェックする際はカタログ燃費と併せて実燃費もチェックするようにしましょう。, JC08モード燃費は、平坦でまっすぐな道でライトやエアコンなどを使わずに一定の条件下で計測されているもので、指標に使われる数値です。しかし、日常生活では坂道などさまざまな場所で走行することから、どの車でもカタログ燃費と実燃費との乖離が生まれるのです。路面の状態や運転の仕方によって実燃費は変わりますが、JC08モード燃費では平均3割程度はカタログ燃費よりも実燃費が低くなるといわれています。, 現在、インプレッサスポーツに乗っているオーナーの実燃費データを収集しているサイト「e 燃費」によると、インプレッサスポーツの実燃費は2WD車が11.19~13.04km/L、AWD車が11.68~11.90km/L。インプレッサスポーツの実燃費とカタログ燃費の差は概ね平均値内に収まっているといえるでしょう。, 現行型のインプレッサスポーツでは次世代のプラットフォーム「SUBARU GLOBAL PLATFORM」を採用しています。この新しいプラットフォームはドライバーのステアリング操作に対してダイレクトに反応することが特徴。ドライバーに車との一体感のある運転感覚、意のままに車を操る楽しさを提供します。, 「SUBARU GLOBAL PLATFORM」は抜群のステアリングレスポンス、そして剛性の高さや低重心化によって、揺れの少ない快適な乗り心地を実現しています。さらに突起物や悪路から受ける衝撃を和らげるので微振動やショックが少なく、会話が楽しめる静粛性を確保。ドライバーだけでなく、すべての乗員がドライブを楽しめるように工夫されています。, スバル自慢の水平対向エンジンと新プラットフォームが質感の高い走りを実現しているインプレッサスポーツ。実燃費とカタログ燃費の差が少ない点も優秀です。ドライバーはもちろん、乗る人すべてが快適に過ごせる車としてあなたのカーライフを彩ってくれることでしょう。, A:インプレッサスポーツのJC08モードカタログ燃費は2WD車が16.0~17.2km/L、AWD車が15.8~16.8km/Lです。ライバル車であるトヨタ「カローラスポーツ」やマツダ「MADZA3 ファストバック」と比較しても引けを取らない燃費性能を備えています。, A:インプレッサスポーツの実燃費は2WD車が11.19~13.04km/L、AWD車が11.68~11.90km/L。カタログ燃費とは差がありますが、インプレッサスポーツで採用されているJC08モード燃費ではカタログ燃費と実燃費との間で3割程度の差が出るのが一般的とされています。その点を考慮すると、インプレッサスポーツの実燃費は十分な数値だといえるでしょう。, A:インプレッサスポーツは高剛性・低重心化した次世代のプラットフォーム「SUBARU GLOBAL PLATFORM」の採用によって抜群のステアリングレスポンスを実現し、一体感のある走りが楽しめるのが特徴です。また、安定性にも優れているので、揺れや衝撃の少ない快適な乗り心地でドライブが楽しめるモデルといえるでしょう。, マイカーリースのおトクにマイカー 定額カルモくんが制作する車選びとカーライフを応援するWebマガジン「カルモマガジン」。国産新車に関するレビューやグレード比較情報、知ってるとおトクなマル秘情報を中心に、クルマ選びのプロが執筆する情報を更新していきます。, https://car-mo.jp/mag/wp-content/uploads/2020/10/15_-TVCM_1.mp4. 長所:パワーはないが、ボディがしっかりしている。普通に乗っているとわからないが、ほかの車に乗ると自分の車の良さが認識できる。油圧パワステの感触はやっぱり良い。買った当時の値段を考えると、非常にお買い得の車だったと思う。 燃費は一回目の満タン法で23km/l...[ 続きを見る ], Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 「この型はもう中古でしか購入出来ませんが、自分の意思で変速できるのは何ものにも代えがたい楽しさがあります」, 排気量:1500cc トランスミッション:AT このクルマの購入を検討している人にひと言 外観:★★★★☆ 個人的に好きなデザイン インプレッサシリーズの中でも最も人気のxvの実燃費(新型)をご紹介! 実際に道路を走って計測した時の実燃費データで、搭載されている車載燃費計でチェック! xv 実燃費 . この強引なおまわりさんは実在する!? 満足度:★★★☆☆ 遠出すると運転は楽。車中泊がしにくい。 長所:何よりも四駆でマニュアルであるということ。自分の意思で変速できるのは楽しい。四駆の信頼度は他メーカーを凌ぐ。雪道で何度助けられた事か。 満足度:★★★★☆ 何よりも貴重な四駆でマニュアルの車を作ってくれた事に感謝。但し現行型にはこの設定はないのでガッカリ。 スバル インプレッサのオーナーから集まった21006件の給油情報から、実燃費・平均燃費を算出しました。インプレッサの燃費に関する口コミや実燃費を元に、燃費向上や車選びの参考にしてみましょう。 総合評価:, 免許取ってから軽自動車では 空冷のフロンテLC10 ホンダビート5MT...[ 続きを見る ], 車種名:ホンダ グレイス (ハイブリッド) このクルマの購入を検討している人にひと言 「今のはCVTで、サイドブレーキも電動で違う車の様な気がします」. 平均燃費:8-10㎞/ℓ。高速で13-14㎞/ℓ(通勤が8割。) 外観:★★★★★ 同型とすれ違うたびに買って良かったと思います。 平均燃費:9.0km/ℓ(市街地ばかり片道10km通勤のみ) このクルマの購入を検討している人にひと言 燃費性能:★★★☆☆ できればもう少し良くしてほしい。 短所:ATが5速だったら‥‥。でも、もともとパワーがないのであまり影響ないかも。次のマイナーからエアロが標準になり、カッコよくなったのが地味に残念。フォレスターとインパネ共用しているせいか、日差しによってフロント・ガラスにインパネが映り込み、視界が遮られる。年寄りには危ないと思う。 インプレッサスポーツに搭載されるエンジンはすべてスバル伝統の水平対向エンジンです。現行の5代目インプレッサスポーツには新開発の2.0l直噴と1.6lが採用されまし … その名は「STARC」!次世代の日産e-POWERは3気筒ターボ1.5ℓロングストローク。最大熱効率50... 新型ルノー・ルーテシア | いきなりBセグハッチバックの「優等生」 この一台ですべてこなせる. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針, 【スバル インプレッサ 改良新型】発売…e-BOXER搭載モデルとSTIスポーツを追加, 京商、ミニカー&ブック「スバル インプレッサ 22B-STiバージョン」をファミマで発売, 【スバル インプレッサ 改良新型】先行予約開始、e-BOXER搭載モデルと「STIスポーツ」を新設定, スバル インプレッサ に2021年型、「SI-DRIVE」を拡大展開 10月米国発売へ, 【スバル インプレッサ&XV 新型試乗】低重心のインプレッサが備える魅力を再確認…渡辺陽一郎, 自動車7社3月期予想、トヨタ、ホンダ、スバルと赤字縮小の日産も上方修正[新聞ウォッチ], 明暗を分けた中間決算---スバル営業利益上振れ、三菱自2098億円最終赤字[新聞ウォッチ], スバル 中村社長「北米は想定よりも早い回復」…通期営業利益を1100億円に上方修正. 評価 投稿ユーザー:Tsu***** さん 外観:★★★★☆ STIはかっこいいが、何もついていなくても充分に丹精な外観だと思いう。(少し親ばか) 長所:水平対向エンジンの低重心感。アイサイトによる運転支援、アクティブクルーズコントロールの快適性。 インプレッサスポーツの実燃費のデータはe燃費やみんカラの燃費記録を参考に、毎月のデータを記録しました。 記録したデータを 1. 評価 平均の実燃費 2. スカイランジャパン、スカイラインRS、シルビアQs、スカイラインGTSと 「代車の1.6のCVTは 軽自動車のようでガッカリだったが2.0i-Sは 期待を裏切らないと思います」, 先代(4代目)インプレッサはGP/GJ系を呼ばれて、2011年デビューで2016年まで販売されたモデルだ。5ドアハッチバックには「スポーツ」、4ドアセダンには「G4」というサブネームがつく。また、2.0ℓエンジンにモーターを組み合わせたハイブリッドモデル(いわゆるマイルドハイブリッド)もラインアップしていた。, 排気量:2000cc トランスミッション:CVT 満足度:★★★★☆ 乗るたびに感動するわけではないが、嫌になる訳でもなく、ほかのクルマに乗ると普通の良さがわかる。STI向けに元が強く作ってあるので安物グレードには充分以上な強さを持った車体だと思うが、低級音が有難さをスポイルしている。そんなところもスバルなのか……。 スバル 新型インプレッサの2リッターと1.6リッターを“実燃費”比較!果たしてその差は!?(1/2) 筆者: 永田 恵一 平均燃費:14km/ℓくらい(仕事で使ってますので長距離をかける時は20km/ℓくらいまで伸びます。チョイ乗りはほとんどありません。) 走行性能:★★★☆☆ Sモードで加速はいいけどIモードでの加速はかったるい。 燃費性能:★★★★☆  日本最古の自動車雑誌『モーターファン』のスピリットを受け継ぐ自動車総合情報サイト。クルマ、バイク、モータースポーツ、テクノロジー、デザイン、カスタム、マーケット情報などさまざまな角度から自動車を掘... 基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。, スバル・インプレッサ | これがオーナーの本音レビュー !「燃費は?長所は?短所は?」<モーターファン会員アンケート>. 燃費性能:★★★★☆ 四駆のマニュアルとしては及第点。 短所:アクセル開度一定で加速、60km/hになると開度変わらないのに加速が鈍くなるセッティング。(Iモード)。このご時世でこの燃費。ロングストロークにして燃費良くしてあるんじゃないんですか。吸気から排気までのこのレイアウト、何年目ですか。エアクリーナーに虫の死骸とかゴミ溜まりまくる。後部座席を倒してもフルフラットにならない。積載性の無さ。 装備:★★★★☆ 必要にして充分。 燃費達成率 3. 短所:車体サイズが大きい。タイヤ扁平率40%が大きくて、アルミホイールに傷がつきやすい。スイッチが多くておぼえられない。 室内:★★★☆☆ プラウドエディションでパワーシートが付いてるが、正直かったるい。 このクルマの購入を検討している人にひと言 平均燃費:12.3km/ℓ(通勤7割、ドライブ3割) 「燃費、積載性を求めないならオススメ。」, 排気量:1600cc トランスミッション:MT 外観:★★★★☆ 昔ながらの車っぽい形がいい。 走行性能:★★★★☆ ホンダのエンジンと比べて回す楽しみはありません。その分安全運転に寄与します。 Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト, スバルの中核モデル、インプレッサは「水平対向エンジン+シンメトリカルAWD」というスバル独自のレイアウトを採るCセグカーだ。日本だけでなく、北米でも人気のモデルである。Motor-FanTECHの会員の方々にも多くのオーナーがいる。そのオーナーにアンケートを実施。オーナーだからこそわかる燃費、不満、よいところをみてみよう。, GT/GK系と呼ばれる現行(5代目)インプレッサは、2016年にデビュー。スバルの新世代プラットフォームである「SGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)を採用した初めてのクルマである。現行モデルも、5ドアハッチバックのインプレッサSPORTと4ドアセダンのインレッサG4という2車型を用意する。エンジンは、1.6ℓ(FB16型)と2.0ℓ(FB20型)の水平対向4気筒DOHCで組み合わせるトランスミッションは、スバル内製のリニアトロニックCVT(チェーン式CVT)である。