スズキ奇跡のクルマ スイフトスポーツの真の強みとは? 現行スイフトの素性の良さは、昨年RStを試乗したときに痛烈に感じました。, 過去記事:The SUZUKI! 4代目スイフトRStを三島スカイウォークへ試乗! 単なるエアロスポイラーでの演出ではなく、ボディー設計まで専用に変えてきているようで、これは見えないところも相当手が入っているのではと期待が膨らみます。, その他エクステリアでぱっと見で目に付くのが、フロントの開口部が大きく口を開けているところです。 (さすがにショルダーは余裕がありますが), 実は、先代スイフトスポーツに乗った時に、そのアイドリングの静けさにインテリジェンスを感じたのですが、個人的にはもっとエンジンの存在を感じたいと思ってしました。 感覚的にはRStが先代スイフトスポーツの進化系。, っと思ったものですが、今回のスイフトスポーツはそこからさらにどんな領域へ そこへきて、車重は驚異の970kg スズキスイフトが自動車販売台数ランキングでは20位台を守り、堅調な販売を続けている。現行スイフトは、販売からすでに4年目に入る車種だが、販売成績は堅実といえる。その理由はどこにあるのだろうか? 恐るべし。 ごく普通に+α程度の速度の印象なのです。, 一つ気になったのが、シフトのストロークがちょっと長いかな。 (2018年夏~秋にはAT車も配備予定!) RS(左)の、マフラーが見えないところがちょっと残念だっただけに、これは頼もしく感じますね。 ※ピュアホワイトパールはオプションカラーとなっており別途21,600円プラスとなります。, 画像引用:(BLITZ様HP)https://www.blitz.co.jp/products/aero/aero_swift.html, やはり2位はこの色、スイフトスポーツのイメージカラー、スイフトスポーツだけに与えられた色”チャンピオンイエロー4”。, しかし、年配の方は気恥ずかしさを感じる方も多く、年齢による人気の片寄りが一番大きなカラーとなっています。, 初代スイフトスポーツがジュニア世界ラリー選手権のベース車両としても大活躍、一時は上位をスイフトスポーツ独占する強さを誇っていました。, 当時のイエローのボディカラーから「イエローブリッド(黄色い弾丸)」と異名を獲得していたほどで、当時の色にちなんでチャンピオンイエローという名前に。, 画像引用:(KUHL様HP)http://kuhl-japan.com/blog/?p=6059, 3位はスーパーブラックパール。グリルやピラー部、リアのカーボン調のバンパーと同じ黒で全身真っ黒!, 画像引用:https://www.goo-net.com/usedcar/spread/goo/19/700980029930181222002.html, ブラック系は手入れが大変ですが、ピカピカに磨かれたボディに陽が当たるととても美しいです。, 見た目はノーマル、中身をカリカリにチューンして、”羊の皮をかぶったオオカミ”的なギャップを演出できる、玄人好みの色かも知れませんね。, ※プレミアムシルバーメタリックはオプションカラーとなっており別途21,600円プラスとなります。, ※バーニングレッドパールメタリックはオプションカラーとなっており別途21,600円プラスとなります。, スイフトスポーツのようなキャラクターの車なら冒険しても楽しいのでは?人生もパッと明るくなりそうです。, スイフトスポーツのカラーバリエーションの中で色褪せしやすい色は、ズバリ「チャンピオンイエロー4」と「バーニングレッドパールメタリック」。, 「ガレージなんてないよ」というあなたは、ボディーコーティングをするという手段もあります。, 安価で自分自身の手で済めせたい場合は、ワックスやスプレータイプのUVカット、色褪せ防止機能のあるコーティング剤を使用すると良いでしょう。, 費用をかけて、間違いのない効果を得たい場合はプロにガラスコーティングを依頼することになります。, 前者だとコーティング剤は2,000円程度、後者だと施工方法や品質にもよりますが50,000円以上は覚悟しておいた方が良いでしょう。, 画像引用:(飯野自動車コーティング様HP)https://www.iino-coating.com/, 一般的に車のリセールバリューが高くなる色は万人受けする色、更には、パールが入っていると良いと言われています。, スイフトスポーツならば、ピュアホワイトパール、スーパーブラックパール、プレミアムシルバーメタリックが該当します。, また、CMなどで登場するその車種のイメージカラーもリセールバリューは高くなります。, ”フェラーリ=赤””スイフトスポーツ=チャンピオンイエロー4”という図式が当てはまりますね。, では、バーニングレッドパールメタリックやスピーディーブルーメタリックはリセールバリューが低いの?と思われるかも知れません。, 確かに上記4色より平均の買取値は若干悪いですが、スイフトスポーツの車の性格や販売ターゲット上、青や赤系でも他車種よりも差が出ないのが特徴。, 知っておくと、ちょっとした補修用のタッチアップペンやカラースプレーを購入する際に迷わず購入する事ができますよ。, 2020年4月16日に実施されるマイナーチェンジにより、フレイムオレンジパールメタリックが追加されます。, スイフトスポーツの中では比較的不人気色だったバーニングレッドパール、スピーディーブルーメタリックの2トーンカラーで人気が出るかもしれません。, またチャンピオンイエローと並んで、フレイムオレンジパールメタリック×ブラックの2トーンカラーが新たなスイフトスポーツのイメージカラーとなりそうですね。, 他のサイトでもスイフトスポーツの人気色ランキングを複数見かけますが、どこも順位がバラバラ(笑)。, スイフトスポーツの場合、ランキング下位だからか悪い色と言う訳ではなく、リセールバリューも他の車種ほど差が無いので自分の気に入った色を選ぶ、シンプルにそれだけを考えれば良いのではないでしょうか。. 豊富なクルマ遍歴と謎の知識量。日々頑張ってます。 Metabon宮 Metabon石, http://metabonz.com/wp-content/uploads/2020/06/image_49b0f1b7-d37d-403b-9e8b-e39061e92e73.img_2436.jpg, 【乗らずに】スイフトスポーツ(6AT)に1年半、30000km走ってわかったこと【いられない!】. ピュアホワイトパールやスピーディーブルーメタリックをスタイリッシュに乗るのも良いし・・・。. フェラーリやマセラッティーを買うわけではないのですから。 しかし、20代の方でも買える価格で、見て、走って、気持ちが高揚するスポーツ車です。, 実用性を重視した車がスタンダードな現代(その筆頭がスズキですが)、若い方もシニアの方もこんな少年っぽい車から降りてくる姿が今、とても粋な姿に感じてしまいます。, 当店では、スイフトスポーツ6速MT車をご用意しております。 (ほんとに最近のスズキの軽量化は神がかってます), あのエスクードをオフロードの登坂で発信させるパワーが、この小さく軽い車体に詰め込まれているということです。, これはスズキに限ってではありませんが、昔のパワー競争時代、最高出力を叩き出すのと引き換えに車の車体は大きく重くなっていったのですが、これからの車は軽い車重と、最高出力よりは低回転域からのトルクが重要視されています。, さて、つらなっていた車の列も、2車線のワイディングに入ると前が空いてきました。 RStのワイルドさは少し控えてますが、大変心地よいサウンドが室内に響いております。, そしてこのスイフトスポーツ、最新テクノロジーがてんこ盛りです。 こういうのを最初からやっちゃうあたり、スズキがどのようなユーザーをターゲットにしているか垣間見えます。, そして、ホイールはRSの16インチから17インチにアップしております。 私の少ない経験値でしかないですが、今まで体験したことのない乗り心地です。 このパネル、仕上がりが結構綺麗なんです。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); スイフトスポーツはカラーの人気の片寄りが比較的小さ目です。リセールバリューまで検討して購入する必要はないですよ。, どのカラーを選んでもその色なりの良さがあります。選んだ色で後悔することはないと思いますよ。, バーニングレッドパール、スピーディーブルーメタリックの2トーンカラーで人気が出るかもしれません。. だって、後からこういうマフラーカッターをヤフオクで買ってつけちゃう人多いですよね。 でも、、そういう計器類が装備されている、、 その事実が重要だと思うのです。 手前はそれほど感じませんが、2速・4速に入れる時に、結構奥まで手を動かす感じは個人的にありました。, まあ、それも積極的にギヤを変て走るときに若干感じる印象で、実際街乗り運転するときは、あり余るトルクのおかげでギヤを入れ替えるのは発進時くらい、後は4速ホールドでATのごとく、どんな速度でもほぼ乗り切れます。 しかし、メーカーHPのラインナップを見ると、代々スイフトスポーツはスイフトとは別車種として掲載されています。 チャンピオンイエローやバーニングレッドパールメタリックを派手にレーシーに、プレミアムシルバーメタリックやスーパーブラックパールを渋く大人の雰囲気で乗るのもGood!! ”7穴式インジェクションバルブ””燃料直噴システム””ウェストゲートバルブ””HERTECTプラットホーム” よくできたボディーは直進安定性も良いですし、このトルクで6速入れっぱなしで入り口から出口まで追い越し加速を含めて問題ないでしょう。 このエンジンですが、実はエスクードに積まれているエンジンと同じ「K14C]型をダウンサイジングターボ化したもの。。 少しペースを上げて走ってみましょう。, RStでも感じたのですが、スイフトのこのボディー剛性は本当に気持ちがいい! この扁平率は、一見スペックオーバーに感じますが、先代スイフトスポーツの記事でも書きましたが、こういう車って理にかなったことばかり追いかけるとつまらなくなると思うのです。 お気軽にお気軽にご来店いただき、是非試乗をしてみてください。, スイフトスポーツは「青春のスポーツ車」です。 (後で調べたら、サスペンションはモンロー製でした), これ、別に車の限界値近い速度での話をしているわけではありません。 (と言うより、ハイテク過ぎて説明できません;), 早っっ、、! キレッキレッの加速です。 好きな方が、後付けで追加しそうなメーター類がデフォルトで仕込んであります。 常々、スイフトスポーツ、ZC33Sは最高だ!と申し上げている当ブログですが、この意見にドンピシャの記事があるのです。 私が敬愛する清水草一氏のエッセイです。(webCG「カーマニア人間国宝の道 … 大型魚が小魚をまとめて丸呑みするがごとく、大量の空気をその心臓に供給しそうな雰囲気です。 (あくまで「調」です。  うぅぅ、、どうなんだろう? ひょっとしたら同色のほうが高級感があるか?), おお! すごい、、 いや、現実にはこんなカーボンがあるわけもなく。自らプラスチックだと告知していると言えばそれまでですが・・笑 疲れしらずの高速クルーザーになる予感がします。, この仕上がりで、ベース車両が200万円を切ってきているのは、コスパの塊ではないでしょうか。 そして、アンダーを一周するスポイラーは、スタンダードがボディー同色なのに対して、カーボン調のカラーでまとまっています。 いよいよ緊急事態宣言が出され,我々の生活もこれ以上の被害を広げないため、本当の意味での「耐える」時期にきています。まさに「息が詰まるような」「不安に押しつぶされそうな」気持ちの方も多くいらっしゃるのではと思います。まずは「気持ち」で負けないようにしていきたいものです。, 常々、スイフトスポーツ、ZC33Sは最高だ!と申し上げている当ブログですが、この意見にドンピシャの記事があるのです。私が敬愛する清水草一氏のエッセイです。(webCG「カーマニア人間国宝の道」より, この記事では、スイフトスポーツのデキに感激した氏が、スイフトスポーツを「国民車」にすべきた!などど過激なことが書かれていますが、まさに筆者も激しく同意するのであります。, このクルマにみんなが乗れば、走りがつまらない、もっさりした○○ブームとか吹っ飛ぶと思うのは私だけでしょうか。, それはさておき、我々40代を超えたオジサン(清水氏も50代)がこのスイフトスポーツZC33Sが刺さるのは理解できます。, DOHC、ターボ、インタークーラー、16バルブ、そういうスペックに狂喜乱舞したあのころ。タイヤを外したり、車高をいじったり、オイルまみれになりながら夢中でクルマと向き合った日々。, 60回フルローンで憧れのスポーツカーを手に入れる。給料をすべてクルマにつぎ込むことが誇りだった時代。ガソリンも安かった。(リッター100円の時代もありました), この世代にとって、この現代に、まさに「走りの理想がつまった」コンパクトがリーズナブルな価格で発売されたのだから、興奮しないわけがないのです。, でも、Twitterをやっていると、結構若い20代のオーナーがたくさんいることに気付くわけです。, 「走り屋世代」の影も形もない世代にとって、いったい何がこのクルマを選ばせたのでしょうか。, ○叔父さんのイジリまくったZC31をずっと見ていて、いつのまにか影響され・・・気づけばZC33Sを購入・・・・, ○軽ワゴン、ミニバンと乗ってきたけど、自分にとって「楽しくない」。街中で見かけるスイフトスポーツを意識しだして、虜に・・・・・購入・・・, ○お母さまがZC32Sスイフトスポーツに乗られていて、がっつり影響されてZC33Sを購入・・・・, ○クルマに詳しい先輩や整備士の先輩に「良いぞ~」「良いぞ~」と「イイぞハラスメント」を受けまくって気が付いたら試乗もせずにZC33Sを買っていた・・・・・, ○各社カスタムパーツの豊富さ、新車価格の安さ、セダンスポーツの減少など状況を冷静に分析して購入・・・・, ○ミニクーパーが欲しかったけど、金銭的に考えて探したらZC33Sがヒット・・・購入, こうして考えると、「現代の若者のクルマ離れがひどい」「スマホにお金をつかってクルマが買えない」などという世間のいうところの「クルマ離れ」とは無縁な気もするのです。 (もちろんビッグデータでみればそういう傾向なのかもしれませんが)そして、みなさん、入り口は様々ですが、人の意見に耳を傾けたり、自分の考えをもっていたり、自分の若いころよりすごくしっかりしているな、という印象をもちました。こういうユーザーを大切にして、育てていくことが次世代のクルマ好きを育てていくこと。それが「クルマが楽しいもの」として続いていくカギになると思うのです。そのためには、まずユーザーが「イイものはイイ」「欲しいものを買う」という正しい消費行動をとること。「走りを優先して何が悪い!!」と声高々に言いまくること。環境も大事。それはわかる。でも、クルマは身近に触れる機械の中で特に人の感受性に触れるもの。だから、妥協して選んではいけない。大げさにいうなら、いいクルマに出会えれば、人生は変わる。その一台が「スイフトスポーツ ZC33S」であることは疑う余地がない。もっと過激に書くとするなら、「乗らずに死ねるか!!」スイフトスポーツ。・・・・といいたいのです。Metabon宮, 送料無料(一部離島除く) BLITZ ブリッツ 車高調 ZZ-R (ダブルゼットアール) スズキ スイフトスポーツ(2017〜 Z系 ZC33S), OHLINS オーリンズ タイプ HAL ショックアブソーバー スズキ スイフトスポーツ ZC33S用 コンプリートキット【車高調】【自動車パーツ】OHLINS SHOCK ABSORBERS type HAL【通常ポイント10倍!】, RS-R RS-Rダウン 1台分 ダウンサス スイフトスポーツ ZC33S S233D RSR RS★R DOWN ダウンスプリング バネ ローダウン コイルスプリング【店頭受取対応商品】, 送料無料(一部離島除く) CUSCO クスコ 車高調 street ZERO ストリート ゼロ スズキ スイフトスポーツ(2017〜 Z系 ZC33S), HKS(エッチ・ケー・エス)Hi Power SPEC L / ハイパワー スペックL スイフトスポーツZC33S用 品番: 31019-AS009, 自動車物書きユニット MetabonZ。