鮎川誠さん(ギター&ボーカル)、妻のシーナさん(ボーカル&タンバリン)を中心に結成されたバンド、シーナ&ロケッツ。 〔2DVD〕 ※銀行振込でのご購入はシーナ&ロケッツOfficial SHOPからご購入いただけます!http://sheena.cc

02. ゲスト LUCY MIRROR(Vo,Tamb), ビンテージアンプからボリュームフル10で奏でられる強烈なレスポール・ロックサウンド、 14. レモンティー ★シーナ&ロケッツ、秋の九州ツアー(福岡・佐賀・大分)が開催決定! ★シーナ&ロケッツ、秋の九州ツアー(福岡・佐賀・大分)が開催決定! シーナ&ロケッツ ロックISオーライ!九州ツアー2020 10月23日(金)福岡CB 出演: シーナ&ロケッツ w/LUCY MIRROR Open 18:30 Start 19:30 ※同時刻からライブ生配信 前売りチケットはSOLD OUT。 出演: シーナ&ロケッツ w/LUCY MIRROR

18. 07. ※このプログラムはLiveの生配信となります。

※チケットをご購入頂きましたら、すぐに視聴ページをメールにてご案内いたします。 久留米市・筑後地方をこよなく愛する地域情報サイト。イベントや祭り、グルメ、観光・ニュースなど地域の情報を配信!, 九州沖縄地方では2018年3月2日に放送されましたが、2018年5月6日(日)午後0時45分〜1時58分、NHK BSプレミアムで全国放送されます。, 2017年10月20日に、伝説のロックバンド「シーナ&ロケッツ」の半生をNHK福岡放送局がドラマ化されることは、記事にしました。, 放送予定日は、平成30年3月2日(金)総合 午後7:30~8:43(九州沖縄地方)。, 主演のシーナ役には石橋静河さん、鮎川誠役 福山翔大さん、シーナの父 敏雄役 松重豊さんとなっています。, シーナ&ロケッツをNHKドラマ化 !放送予定日とキャストが決定!You may Dream(ユーメイドリーム), シーナの母 スエ子役として徳永玲子さんが、シゲ役に佐田正樹さん(バッドボーイズ)の出演が決定しました。, 福岡のさまざまな地域や事象にスポットをあてた「地域ドラマ(福岡発地域ドラマ)」の15作目として、伝説のロックバンド「シーナ&ロケッツ」を題材としたドラマ化されます。, 長年、KBC九州朝日放送「アサデス。KBC」、「アサデス。九州・山口」のメインMCをつとめており、福岡の朝の顔として知られる。, シーナさんが亡くなって間もない頃に鮎川誠さんへインタビューを行った、鮎川さんの言葉がひたすらつづられた「シーナの夢」という本があります。, それにインスパイアされ我々も取材を進め、鮎川さんをはじめ、さまざまなゆかりの方々に当時のいろんなお話しをうかがい、このたびのドラマ化にいたりました。, 北九州・若松出身のシーナさんこと副田悦子さん、そして久留米出身の鮎川誠さん。お二人の青春時代に訪れた偶然ともいえる福岡での出会い。, そして東京へと羽ばたいていく過程で欠かすことのできなかったシーナさんの父・副田敏雄さんの存在・・・いかにしてシーナ&ロケッツが生まれていったのか― 事実に即しつつ多少の脚色を加えて、お二人の出会いからデビュー直前ごろを軸に描いてまいります。, 1978年、久留米市出身の鮎川 誠、北九州市出身のシーナを中心に結成されたロックバンド。福岡を代表するバンドとして、日本のロックシーンを牽引してきた。, 2004年からはシーナの地元・若松で「高塔山」ジャムを開催。今も「高塔山ロックフェス」としてその魂は受け継がれている。2015年2月、シーナが子宮頸癌で死去。, しかし“シナロケ”はまもなく結成40周年を迎え、69(ロック)歳を迎えた鮎川 誠を中心に、精力的に活動されています。, 福岡発地域ドラマ「You may dream」の詳細は、下記の公式サイトを御覧ください。, これまでの福岡発地域ドラマは、NHK福岡放送局 福岡局制作ドラマ公式サイトを御覧ください。, お店のPR、オープン情報、キャンペーンやイベント告知など、希望の方は下記を御覧ください↓, Twitter、Facebookなどフォローすると久留米ファンの最新情報が届くようになります。, メールアドレスを入力して「購読」ボタンを押せば、ブログの更新をメールで受信できます。 〔2LP〕 I Put A Spell On You YMOワールド・ツアー後の「凱旋公演」(1979年12月19日中野サンプラザ)では、シーナ&ザ・ロケッツがオープニング・アクトを務める。 STAY ROCK! Ha! CBは、ドラムス川嶋のやっているライブハウスでシーナ&ロケッツの福岡のホームです。

▼メール購読・購読解除のやり方

『LIVE FOR TODAY !

雨 音楽以外では、数多くのCM・広告に出演する他、俳優・執筆・DJ・モデル等幅広い分野でも活躍し、その独特の存在感で多くの人を惹きつける唯一無二の存在である。, 一昨年2月シーナが病により急逝するも、シーナのロックンロールハートを胸に抱いて鮎川誠は走り続ける。現在、鮎川がボーカルとギターを担い、シーナ&ロケッツ47都道府県横断ツアーを展開中。 ーナ&ロケッツOfficial Ticket Center  http://sheena.cc/ticket, (C) Sheena And The Rokkets All Right Reserved. 4/26/2000 Guitar and Vocal: Makoto Ayukawa 鮎川誠 福岡cb: 開場時間: 18:30: 電話番号: 092-732-7575: 出演: シーナ&ロケッツ w/lucy mirror: 当日料金: 5,600円: イベント概要: ★急遽決定!ライブ生配信を行います! 配信チケットはこちらからご購入ください! シーナ&ロケッツ 福岡cb ロックisオーライ! 【 急遽決定!福岡から生ライブ配信!】 YMOの1979年2ndアルバム『ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー』では、鮎川誠がソリッド・ステイト・サヴァイヴァーとデイ・トリッパーの2曲にギターで参加。 05. 11月、シーナ&ロケッツのデビュー40周年を記念し、初期の人気曲「レモンティー」が初の7インチ・アナログ・シングルでソニーGREAT TRACKSから発売された。アナログ化にあたり世界的名エンジニア、ハリウッドのバーニー・グランドマンにカッティングを依頼、ヨーロッパでも評価の高いレコード・インダストイリー社(オランダ)にてプレスされた完全生産限定盤で、カップリング曲はYMOとのコラボレートで制作されたロックとテクノの化学反応を試みた先駆的アルバム『真空パック』に収録の「オマエガホシイ」。発売後1週間で完売となる。, 川嶋、奈良の脱退後、バンドはドラムとベースを固定しない時期があった。この間、『Ha! 10. マツコの知らない世界「おうちコーヒーの世界」福岡のコーヒー豆焙煎士 後藤直紀氏が登場!, JR鹿児島本線 久留米〜荒木駅で人身事故による運転見合わせ 男性死亡【11月23日】. Baby I'm Yours WILD THING ©Copyright2020 久留米ファン.All Rights Reserved. 1975年デビューアルバム「有頂天」を発表。 28. 1978年シーナ&ロケッツを結成。初ステージ以来、今日まで一切のブランクがなく活動し続け、今年40周年を迎える。常に時代の中で革新的な存在であり、日本のロックシーンで抜群の信頼感、存在感を誇る。 〔7inchアナログ〕 Hard Drug』ではジョニー吉長がドラムを、また『@HEART』では穴井仁吉(元ザ・ロッカーズ 元The Willard)がベースをそれぞれ担当。, from PUNK ROCK BLUES to Almost All The Japanese Rock'n Roll Band, 2008年2月28日ナタリー -内田裕也、細野晴臣、高橋幸宏、チバがシナロケ30周年を祝福, http://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=12060, http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/10/20/kiji/20171020s00041000239000c.html, SHEENA & THE ROKKETS' OFFICIAL WEB SITE a.k.a. メールアドレスがあればどなたでも簡単に登録・ログインしていただけます。当日の公演をどうぞお楽しみください! 01.

06. ※購読の解除も簡単にできます。. 04. 16. 朝一番列車のブルース シーナ&ロケッツ(SHEENA & THE ROKKETS)は、日本のギターロックバンド。1970年から福岡で活動していたブルースバンド、サンハウスのリードギター/作曲家である鮎川誠と妻シーナを中心に1978年シーナ&ロケッツを結成。結成以後、一切のブランクがなく活動し続けている日本を代表するロックバンドである。2020年現在、42周年目に突入した現在も結成時のオリジナルメンバーを擁し、質・量ともに群を抜いたその活動歴は、ジャンルを越え、ロックバンドとしての可能性を独走状態で追求し続け … 福岡CB支援・投げ銭つきチケットも受付中です! 13. 17. 1978年の初ステージ以来、今日まで一切のブランクがなく活動し続け、今年40周年を迎える。常に時代の中で革新的な存在であり、日本のロックシーンで抜群の信頼感、存在感を誇るシーナ&ロケッツ。最初にやりたかった事が今も一番やりたい事だと鮎川誠はよく語るが、それは移りゆく時代の中で確立していった彼らの音楽の普遍性を顕している。ロックが出来るところならどこにでも行く、どこでもやるというフットワークの軽さは、鮎川が69歳になる今もまったく衰えることはない。 (Facebookのアカウントからもコメントできます) また当日のご都合がつかない方でも、お好きな時間にライブをご覧いただけます。 1988年にはニューヨークのCBGBでライブデビューを果たす。ジョン・レノン&オノヨーコの専属写真家で知られるBOB GRUENの写真集には"日本の最高峰パンクバンド"として幾度も取り上げられる他、国内・海外の様々なアーティストとの交流も深い。海外のアーティストからのラブコールも多く、2013年1月のウィルコ・ジョンソンとの東京セッションをはじめ、エルビス・コステロ、ボ・ディドリーなどのツアーメンバーであるホーン・セクション/The Uptown Hornsらとライヴで共演・アルバムを共作している。ジョンソン来日時には、1990年のジャパン・ツアー(全国6か所)、2000年、2006年とシーナ&ロケッツと一緒に国内でライブを行う他、2009年、2013年と2度東京でセッション・ライブを開催している。1993年には「LONDON SESSION」というタイトルでウィルコ・ジョンソンバンドと誠とシーナとでロンドン・レコーディングにて2枚のアルバムを制作しているほか、ジョンソンとのプライベートでの交流も深いことがよく知られている。, 1990年放送の学生援護会(現・パーソルキャリア)『サリダ』のテレビコマーシャルで「憲法第22条の歌」(職業選択の自由・アハハン)を歌ったことでも話題になった。, 1996年2月、まだインターネット黎明期に日本のバンドとして初となるホームページを鮎川が立ち上げ、インターネットとの奮闘を書き下ろした「DOS/Vブルース」を幻冬舎から発売。1998年AMDアワードを受賞し、シーナ、鮎川陽子と出席して賞を受ける。, 1998年、FUJI ROCK FESTIVAL'98 in Tokyoに出演。沖縄・北海道ツアー開催。5月、鮎川誠生誕記念オールナイトパーティ開催。, 1999年3月、新宿ロフト最後の日にワンマン出演。5月、ウィルコ・ジョンソン SHEENA & THE ROKKETS JAPANツアーを開催。, 2000年、オリジナル・ドラマーの川嶋一秀を迎え、15枚目のオリジナルアルバム『ROCK THE ROCK』をリリース。FUJI ROCK FESTIVAL'00に出演。, 2001年、初期の名曲から最近のヒット・ナンバーまでを網羅したライヴ・ベスト『爆音ミックス』を発売。鮎川が自ら運営するオフィシャルサイトにてファン投票により選曲された。4月、TVドラマ 『ちゅらさん』(2001年-2004年NHK)にジョージ 我那覇役で鮎川誠が出演。那覇在住のロックの師匠という役柄。北九州博覧祭2001に出演。郡山ワンステップフェスティバル復活イベント『ワンステップへの旅 in うつくしま未来博』に出演。, 2002年、鮎川のソロとして『Japan Blues Carnival 2002』に出演。SHIBUYA-AXにて開催された日韓交流イベントに出演。シーナ&ロケッツとラモーンズのDee Dee RAMONEのジョイントライブが急遽Dee Dee RAMONE死去により、追悼ライブとして行われる。, 2003年、SHIBUYA-FM7周年を記念するライブ 『SHIBUYA-CALLING』に出演。7月にベストアルバム『Dream BOX』、『The Greatest Sheena & The Rokkets』をリリース。フジロックフェスティバル'03、RISING SUN ROCK FESTIVAL 2003 in EZO、ミュージックシティ天神に出演。11月に東京SHIBUYA-AXにてSHEENA & THE ROKKETS25周年ライブを開催。12月には福岡CBにて『HAPPY 25th ANNIVERSARY』を2Daysで開催。, 2004年、シーナ&ロケッツ25周年を記念してリミックス盤『ELECTROKKETS』発売。さらに25周年を記念DVD『LOVE LIVE』を発売。シーナが小学館・PRECIOUS創刊CMに出演。鮎川が大塚製薬のポカリスエットのCMに出演。シーナ&ロケッツで霧島酒造の黒霧島のCMに出演。黒霧島は大ヒットとなり、製造が追いつかない事態となる。北九州若松の野外音楽堂を使用した初のロック・フェスティバル「高塔山ロックフェス」を発案(以降シーナ&ロケッツとして14年出演)。, 2005年8月、鮎川が監修する『200 CD Rock'n'Roll』を学習研究社から発売。 俺たちが愛したパンク/ロック/ブルース 監修・執筆は鮎川誠、他山名昇・本根誠・松本康・中山義雄・小川真一&キング・ジョー。8月、鮎川とシーナが、リチャード・ヘルの映画『BLANK GENERATION』のトークショーに出演。存続の危機に立たされているCBGBを救済するために署名を呼びかける。10月、ボロフェスタ'05@京大西部講堂イベントに参加。, 2006年3月、レコードコレクターズ誌3月号に28年分のレコードとともにシーナ&ロケッツ特集が組まれる。4月RKBの「味わい・ぶらり旅~河童伝説を訊ねる、紀行」 に鮎川誠とシーナで出演。5月布谷文夫と北海道ツアーを開催する。シーナ&ロケッツ 6タイトル紙ジャケによる限定復刻版を発売(『真空パック』、『Channel Good」、『PINUP BABYBLUES』、『SHEENA AND THE ROKKETS』、『クール・ソロ』、『いつだってビューティフル』)。また、アメリカ盤『SHEENA & the ROKKETS IN U.S.A』も再発される。7月第3回『T-JAM a.k.a. 「VIDEO KOLLECTION 1979-2019」(全43曲、約180分収録) Peter Gunn 12. 『LOVE BOX -42nd Anniversary Kollection--』, (完全受注生産限定盤BOX収録内容) Bass: Toshihiro Nar…, SHEENA & THE ROKKETS You Ain't Nothin' But Fine 〔CD〕 2014年発表のアルバム『ROKKET RIDE』全12曲を初完全アナログ化

最前列でのかじりつき生ライブ中継をお楽しみください! Go!」という歌詞がね、世界の民族を超えた共通語というか、言葉がわからん人たちでもこの歌を歌えば、元気が出るし、世界中のロックの合言葉になる。夢を追いかけて叶える、ギター少年とお母さんの話でね、その曲を歌えるっちゅうのがうれしいことですね。, ーー2月14日に同時リリースされる限定盤BOX『LOVE BOX -42nd Anniversary Kollection-』には、アナログ盤(レコード)やこれまでのすべてのミュージックビデオ、デビュー当時のテレビ映像、レアライブ映像が収録されているそうですね。, そう、僕たちの約40年分の映像。僕たちは口でえらそうなことを言いよるときもあるけれど、それがちゃんと映像でも表現できていると思う。どれもカッコいいし、『MTV』(アーティストのミュージックビデオを放送する音楽専門チャンネル)も80年代に外国で始まった。, たぶん日本でちゃんとミュージックビデオを作ったのは、アルファレコード時代の僕らの曲「ベイビー・メイビー」。1979年に「ユー・メイ・ドリーム」を出したときには『MTV』やミュージックビデオという概念がまだなかったんですよ。, 当時はチープで予算もかけてないけれども、とても音楽がよく聴こえるミュージックビデオを作って。僕たちは自己演出がすごい上手なん。人に言われてやるのは全然下手やからいやなんやけど、自分たちで演奏している姿を撮られていると、みんなパフォーマンスもよくなるのが自慢ですね。, シーナはロックの大ファンでもあったから、いつもファンの目でもロケッツを見て、パッと的確なアドバイスをしてくれる。映像を撮るときも「もうちょっとこっちに寄るのがいい」という些細なアドバイスやけど、それがあるかないかで、全然違う。それはロックファンやないと思いつかないこと。シーナはファンであり、クリエーターであり、プロデューサーやね。, BOXセットはね、DVDもあるし、アナログ盤もある。90年代から、レコードは作らなくなったんですね、特別なことでもない限り。もうメディアのフォーマットがレコードから移行して、CDファイルやUSB、配信という時代だけど。僕たちが音楽をかたちとして触ったり、においをかいだりするのは、レコードが最後のものなんです。, レコードは針を乗せて、最後までいったら同じところをまわりだすわけですね。針の寿命もあるし、手がかかるけれども、そうやって音楽と向き合って遊べるレコードという存在は、とても素晴らしかったことを僕は知っているんです。このレコードはこういうときに演奏したんだと実感したり、ライナーノートを読んだり、写真を見たりしながらレコードを聴く文化、音楽と遊ぶっちゅうことは、楽しみの特権なんですね。, 石炭さえ入れればまた走るSLと一緒で、レコードはプレイヤーさえあれば最高の音で聴けるから、世界中にファンがいる。僕はレコードで音を残していくことを応援しているし、レコードを楽しむ張本人やから。こんなに楽しいことを伝えるチャンスがあったら、若い人にもレコードでも音楽を聴いてほしい。だから、僕らのBOXセットでは、レコードになっていることも喜びですね。, あとは、バレンタインデーがシーナの命日やったから、今年が天国へ行ってから、6年目の日になるんだね。その日にリリースをしたいっちゅうのは、僕らの願い。それをビクターレコードが聞いてくれて、2月14日の発売になりました。, ツアー中は、「休みのときはあれもしたい、これもしたい」と思うでしょ。でも終わったら、ぐたーっとなっています(笑)。それか楽器のメンテナンスをしていることが多い。常に楽器は酷使しよるし、僕のギターは50年も経つんです。, 普通はギタリストの人、ピカピカの新品を使うほうがカッコいいけど、僕は縁あって出会った一台のレスポールをずっと使っているんです。それじゃないギターで弾くと、音に満足できなくて。アンプもそうで、おやすみのときには、ちょっとこまかいところをチェックしています。それとときどきDJもやるから、そのまま散らばったレコードを整理するということが多いねえ。, いつも出かけてるから。バンドの特権なんですけど、いつもすてきな場所ばっかり、どこ行っても、ツアーでみんな待ってくれとるから。いままでシーナとも一緒に、アメリカのミシシッピに行ったり、ロンドンやらパリに「キース・リチャーズ(ロックバンドのローリング・ストーンズのギタリスト)を聴きに行こうぜ」と、ときどきしゃれたことを思いついたり、旅行も大好きやったけれど、その瞬間じゃないとできなかったことやね。, そんなことをいっぱい体験してきてる。ミシシッピも、僕たちがミシシッピで生まれたブルースが大好きだから、「発祥の地に立ちたい」という思いだけで来とるというのを現地の人がその思いを汲んでどんどん案内してくれて。音楽を通じて、僕らを助けてくれる旅が多くて、そういう旅行は大好きです。, でももう、シーナがおらんかったら、何やったらええのっちゅう感じ。ひとりでは行きたくない(笑)。娘とも行きたくない。「ごはん食うたか?」「寝坊するなよ」という話になるから(笑)。, ーー娘さんといえば、2015年4月7日から「シーナの日」と題して、鮎川さんの末娘さんのLUCY MIRRORさんがボーカルを担当されるシーナ&ロケッツとしても、時折ライブをされています。, LUCYに「歌って」と言ったら、「いいよ」と言う日もあるし、「その日は用事がある」と言うときもあるんですね。LUCYの入ったシーナ&ロケッツの活動っちゅうのは、いまはけっこうたくさん歌ってくれるようになった。この間は北海道にも行ったし、2月から5月にもあるシーナ&ロケッツの全国ツアーにも出てくれるから。, LUCYにはシーナみたいに歌ってほしいとは全然思ってなくて、シーナはシーナしか歌えない歌があったように、LUCYはLUCYが思うシーナ&ロケッツの曲を歌ってくれて、その演奏をするのが、喜びです。LUCYはとてもパンチがあって、とてもロックの美意識がある。本人もバンドをしていたからこだわりもあるし、僕はすごいシンガーだと思うんです。, うん、そういうのがあると思う。なんか一緒にやってても安心するというか、「やっぱり同じようにやるんや」という発見もあったり。それに一番はやっぱり、歌わされているんじゃなくて、自分が歌う。それはロックの基本ですからね。やらされるんじゃなくて、「自分でやるんだ」っていう気持ち。やらされるロックは、ロックやないからね。, 僕は今まで通り、シーナがいたときと同じ活動を普通にしていくと思います。変わったことはやらない。バンドは音で勝負っていつも言うけど、いい音を出して、いい空間をファンの人と一緒に楽しめれば最高ですね。, シーナ&ロケッツさん、そして鮎川誠さんは、存在そのものがロックンロールで唯一無二。バンドの歴史を知ることは、同時にロックの歴史を紐解いていくように、音楽を深く知る有意義な時間でもありました。以前、シーナさんと鮎川さんのおふたりにインタビューさせていただく機会がありましたが、常に真摯にご対応してくださいました。鮎川さんのロックへの熱い想いとシーナさんへの深い愛情に感動しきりです。そんなシナロケの“ライフタイム”カバーアルバムをチェックしてみてくださいね。, リーダーの鮎川誠(ギター&ボーカル)、シーナ(ボーカル&タンバリン)を中心に福岡県で結成。1978年10月、1stシングル「涙のハイウェイ」でデビュー。1979年12月、2ndシングル「ユー・メイ・ドリーム」がヒットし、全国区での人気を獲得。以降も「ピンナップ・ベイビー・ブルース」など数々の名曲を発表する。, 2014年7月、18枚目のアルバム『ROKKET RIDE』はロング・セールスを記録。2018年にはデビュー40周年を記念して、2月にソニー、3月にビクターから、鮎川誠の監修と選曲による41曲がリマスターされた最新ベスト盤が連続リリースされた。また、シーナ&ロケッツのデビュー当時をリアルに描いた『福岡発地域ドラマ「You May Dream〜ユーメイ ドリーム」』が放送され、大きな話題となった。, 2015年2月14日にシーナが病により急逝するも、鮎川誠はシーナのロックンロールハートを胸に抱いて走り続け、オリジナルメンバーの奈良敏博(B)、川嶋一秀(Ds)と共に現在もエネルギッシュなライブ活動を続けている。常に時代の中で革新的な存在であり、その活動のブレのなさにおいても日本のロックシーンで抜群の信頼感と存在感を誇り、多くのミュージシャンに影響を与え続け、リスペクトされている。, New Release 今日を生きよう https://help.teket.jp/hc/ja/requests/new, SHEENA & THE ROKKETS 08. 『LIVE FOR TODAY!-SHEENA LAST RECORDING & UNISSUED TRACKS-』(通常盤同内容) シーナ&ロケッツ@ なにわブルースフェスティバル【フォト・レポート】 2017-11-02; 鮎川誠の生誕69年を記念したシーナ&ロケッツ写真展が福岡で開催!1976年最古〜2017年最新まで未公開写真を展示! 2017-09-11; 鮎川誠がラジオ生出演2時間!

RokketWEB (公式サイト), https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=シーナ%26ザ・ロケッツ&oldid=80540984, 「シーナ&ザ・ロケッツ」というバンド名の由来は、シーナの本名「悦子」から「ロック+エツコ=ロケッツ」となり、ただのロケッツでは軽いということと、昔風に「○○&ロケッツ」にしたいという鮎川の発案からである。綴りが「ROCKETS」ではなく「ROKKETS」であることも鮎川流の「ロックのセンス」だという。鮎川はアメリカ人とのハーフである。, 鮎川誠は1978年のシナロケ結成時に友人からレスポールカスタムを譲ってもらい上京。(サンハウス時代からそのレスポールを頻繁に借りていた)。以降40年以上に渡って同じギター1本を弾き続けている。このようなミュージシャンは世界的にも類がなく、世界でただ一人だという。ギネス級ともいわれる。ライブでは1ステージ内に2、3本のギターが登場するが、毎回メイン以外にその日弾かれる「お気に入りのギター」と曲が一体何かというのもライブでの楽しみの1つとなっている。セットリストは事前に用意がなく、ライブの直前に決める。またライブ中にもセットリストを変更することも多く、まさに「ライブ」となっている。またこれまで自分が手にしたギターは1度も手放したことがなく、購入したギターを含めて70本程を所有している程の無類のギター好きで、ギターカタログまでも「ずっと見ていられる」ほど。鮎川のレスポールは、当時九州で唯一福岡のヤマハ楽器に初めて入荷したレスポール第1号だという。(, 鮎川誠とシーナの三女であるLUCY MIRRORは、シーナ&ロケッツの特別なライブにのみゲストボーカルで出演している。(2015年4月7日から毎年開催されている「シーナの日」以降より)。以前には、シーナとのツイン・ボーカルやコーラスとしてシーナ&ロケッツのアルバムにも時折参加しており、1986年の「ギャザード」、1998年「@HEART」(細野晴臣プロデュース)でも数曲参加。2000年にはアニメとロックのコラボ「イジワルケイ」にてギター鮎川誠、ベースはルースターズの井上富雄、コーラスは声優の山口勝平というメンバーの特別バンドでボーカル参加。(同アルバムにはシーナが歌う「LUCY」という曲も収録されている。) 2007年にソニーより発売されたシーナ&ロケッツのベスト盤「GOLDEN HITS」では、収録曲の選曲を担当したことでも知られる。シーナ&ロケッツのメイン・ボーカルとして加入する以前には、ギター&ボーカルとしてのキャリアもあり、1999年から2010年頃まで姉のJUNK THE RiPPERと共にDARKSIDE MIRRORSとして活躍。海外のロックシーンで人気を得て5枚のアルバムをリリース。, 地元である福岡を拠点にすることにこだわっていた鮎川が、幼い双子を残して上京し「シーナ&ザ・ロケッツ」を結成した理由は、シーナの父親の「一回、東京でスパッと勝負してこい。子供は任せて、思い切り、スパッと勝負してみんない!」という励ましがきっかけだったという。, SHEENA & THE ROKKETS Best Selection(1983年), Rokket Factory〜the worst and rarities of Sheena & Tne Rokkets in Alfa years〜(2006年8月23日), WHITE BOX SET ; INVITATION YEARS 1984-1989 (2009年12月16日), BLACK BOX SET ; SPEEDSTAR YEARS 1990-2009 (2009年12月16日), ゴールデン☆ベスト EARLY ROKKETS 40+1 (2018年2月28日), ゴールデン☆ベスト VICTOR ROKKETS 40+1 (2018年3月28日), ROKKET PARANOIA(ROKKET SIZE・VIDEO VERSION)(2004年), SPACE SHOWER ARCHIVE シーナ&ザ・ロケッツ LIVE 9207 (2007年2月23日), SHEENA's YA-ON (35周年ライブ 日比谷野外大音楽堂ノーカット・ライブ)※初回限定版 (2019年5月2日)(アマゾン・海外のロックDVD3位), 『YOU MAY DREAM ロックで輝きつづけるシーナの流儀』(2009年12月、じゃこめてい出版).