23 夜曲 op.23 [ 演奏者一覧] Nachstücke op.23 Andantino [4'30''] 10:59 / III. ソナタ第2番 op.22 の 第4楽章として作曲。 ソナタ第2番の第4楽章は改作されたため、この曲は除外された。 こちらは 1866年に「プレスト・パッショナート Presto passionato 」の題で出版。 top. 22 by Robert Alexander Schumann, 20世紀を代表する世界的奏者の一人である。西側で自由に活動することをソ連政府から許された最初の芸術家だった。ロシアの自宅では、アップライトピアノで練習していたといわれている。日本にも何度か来訪した。妹のエリザヴェータはレオニード・コーガンの妻。また、娘のエレーナもピアニストで、父娘で4手ピアノ(連弾や2台ピアノ)デュオの録音を多く残している。 若いころは、鋼鉄のタッチと通称される完璧なテクニックに加えて甘さを控えた格調高い演奏設計で非常に評価が高かったが、晩年は骨太な表現が鳴りを潜め、力を抑えた枯淡の境地と言える表現に変わっていった。. ここではシューマン「交響曲第2番」の解説と名盤を紹介したいと思います。 シューマン「交響曲第2番」の演奏 バイエルン放送交響楽団(指揮:バーンスタイン) [00:00]第1楽章:Sostenuto assai – Allegro ma non troppo [12:26]第2楽章 Scherzo. ロベルト・シューマンのピアノソナタ第2番ト短調作品22は1833年から1838年にかけての作。 1839年作曲者が29歳の時にブライトコプフ・ウント・ヘルテル社から出版された。. Andantino Getragen 演奏と共に楽譜が見られます。, Part II Schumann: Sonata no.2 in G minor, op.22 3. 前作(第1番)と同様に、快速な第1楽章―緩徐楽章―スケルツォ楽章―急速な終楽章という構成。 presto possibile) [6'11''] 6:24 / II. Rondo Presto - Prestissimo.

Quasi Cadenza, ドイツ人を父にウクライナで生まれ、主にロシアで活躍した(ただし在留ドイツ人として扱われた)。その卓越した演奏技術から20世紀最大のピアニストと称された。 楽譜を見ながら弾くスタイルだった。ヤマハのピアノを好んで弾いたピアニストでもある。, Emil Gilels Эми?ль Григо?рьевич Ги?лельс, Emi'li Grego'rievi?

So rasch wie m?glich 2.

Scherzo (Molto allegro e mar, Part I Schumann: Sonata no.2 in G minor, op.22 1. 楽曲解説 - ピアノソナタ 第2番 第2楽章. シューマンには、ソナタのような形式的な枠組には中々当てはまらない幻想的な作品が多いが、このピアノソナタ第2番はコンパクトにまとまったソナタらしい曲に仕上がっている。それだけに、他のソナタに比べてシューマンらしさに欠けるとも言われるが、シューマンの劇的なエネルギーが一気に爆発した、明快な曲である。第1、3、4楽章はいずれも急速なテンポで落ち着かず激しく進んで行く音楽だが、その中で第2楽章はシューマンらしい魅惑的な叙情が静かに溢れ出て対比を成す。全く巧妙に、曲全体の構造が組立てられている。作曲は1833~38年。 第2楽章、アンダンティーノ ハ長調 8分の6拍子。 「ピティナ・ピアノ曲事典」より, ドイツの作曲家、音楽評論家。ロマン派音楽を代表する一人。 鋭い感性と知性に恵まれていたシューマンは、ホフマンやジャン・パウルなどのロマン主義文学からも深い影響を受け、その作品は、ドイツ・ロマン主義の理念を、音楽家として最も純粋な形で表現し、その精髄を示しているといわれている。ピアノ曲からスタートしたが、歌曲・交響曲・室内楽作品にも名作が多い。若くして手を壊してしまったロベルトは妻であるクララが演奏することを念頭に入れて後半生はピアノ作品を作曲したとも言われている。 人格的に二面性を持ち、評論家としては、自己の二面的な気質を利用して「フロレスタン」「オイゼビウス」という2つのペンネームで執筆していた。, 日本のピアニスト。宮城教育大学教育学部「中学校音楽教員養成課程」及び「障害児教育課程」卒業、同大学院「音楽教育専修」及び「障害児教育専修」修了。桐朋学園大学音楽学部音楽療法特別講座修了。現在、合唱団の専属ピアニストや音楽療法を取り入れた病院コンサート、アンサンブル活動、またピアノ指導や審査員等を行う他、ピアノを通して「癒すこと」を目標とし、精力的に活動している。 宮城県芸術協会正会員、日本音楽療法学会正会員、ピティナ指導者会員。 「ピティナ・ピアノ曲事典」より, 日本のピアニスト。 2005年イタリアの名門イモラ音楽院及び世界最古のボローニャ大学(外国言語・文学学部)在学中。2010年 第17回G・ロスピリオージコンクール第1位。第8回チッタ・ディ・リチョーネコンクールにて史上最高得点で第1位。第16回ショパン国際ピアノコンクール、ディプロマ受賞。日本国内外の各地で数多くのリサイタルや室内楽、招待コンサートなど、幅広く活動している。 「ピティナ・ピアノ曲事典」より, 2010 コンペティション決勝/2010 PTNA Piano Competition 「ピティナ・ピアノ曲事典」より, 旧ソ連出身のロシア人ピアニスト。日本では慣習的に「ラザール」とフランス語風に表記されているが、ロシア語の発音では第一音節に強勢が置かれるため「ラーザリ」が近い。 「私は19世紀の人間であり、ヴィルトゥオーソと呼ばれるタイプの演奏家に属している」と自認していたように、鮮やかな超絶技巧と芝居っ気たっぷりの演奏、濃やかな情緒表現と強靭なタッチが特徴的で、一夜で3つのピアノ協奏曲とソナタ1曲を弾き切ったこともある。, Robert SCHUMANN: Piano Sonata No.2 in G minor Op.22 -complete- 0:10 / I. ピアノソナタ 第2番 第2楽章 / シューマン,ロベルト / リヒテル,スヴャトスラフ. ヴァイオリンソナタ第2番 ニ短調 作品121は、ロベルト・シューマンが作曲した2番目のヴァイオリンソナタである。演奏される機会が多い作品である。, 1851年に前作のヴァイオリンソナタ第1番の完成から約40日を経た10月26日に着手し、それから約1週間にかけて、11月2日頃に全曲が完成された。, シューマンは前作第1番の出来にあまり満足できなかったらしく、第2番を作曲するにあたって、前作の反省点を踏まえて、2つの楽器のバランスを配慮しながら構成や統一性にも最善の注意を払って作曲を行った。, 最初の初演は11月15日にデュッセルドルフで私的に行われ、その時の演奏は同地の管弦楽団のコンサートマスター、ヴィルヘルム・ヨーゼフ・フォン・ヴァジエレフスキのヴァイオリンとクララのピアノであった。一般での初演は1853年の10月29日に、デュッセルドルフのキュルテン劇場でクララのピアノとヨーゼフ・ヨアヒムによって行われている。ヨアヒムは「感情の驚くべき統一性と主題の意義から、当代の最もすぐれた作品のひとつと考える」と賞讃している。, 第1楽章 かなりゆっくりと、短くかつエネルギッシュに-生き生きと(ウン・ポコ・レントーアニマート), https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ヴァイオリンソナタ第2番_(シューマン)&oldid=73672531. Gi'lelis; Odessa, October 19, 1916 Moskva, October 14, 1985) plays the second piano sonata in g minor Op.

ヴァイオリンソナタ第2番 ニ短調 作品121は、ロベルト・シューマンが作曲した2番目のヴァイオリンソナタである。 演奏される機会が多い作品である。 概要. So rasch wie m?glich (Il pi? Scherzo Sehr rasch und markiert - Attacca: 4.

ロベルト・シューマンのピアノソナタ第2番ト短調作品22は1833年から1838年にかけての作。1839年作曲者が29歳の時にブライトコプフ・ウント・ヘルテル社から出版された。, 前作(第1番)と同様に、快速な第1楽章―緩徐楽章―スケルツォ楽章―急速な終楽章という構成。, ト短調、4分の2拍子。ソナタ形式。演奏記号の通り「できる限り速く」演奏される。演奏技術・音楽表現的に演奏者の考え方が問われており、多くの演奏者はプレスト楽章と同様の速さを基準にしている。左手には10度音程が登場するなど演奏は難しく、4分の2拍子の楽章なら速度はどの程度が必要なのかは演奏者によって解釈が分かれる。, ハ長調、8分の6拍子。三部形式。穏やかな緩徐楽章で、三部形式と変奏曲を兼ねている。getragenの通り「もったいぶってひきのばして」演奏される。1828年に作曲した歌曲「秋に」(Im Herbste、ユスティヌス・ケルナー詞)を改作したもの。, ト短調、4分の3拍子。簡潔なスケルツォ楽章。シンコペーションを中間部にはさむなど若き作曲者の凝った技術が特徴的。指示の通りあいまいさを排して「はきはきとした」演奏が求められる。, ト短調、4分の2拍子。ロンド形式。オクターヴ奏法のトレモロが主題。「プレスト」と題された初稿("Passionato"、16分の6拍子)がある。この初稿は、十度以上の跳躍や、ラフマニノフばりの広い和音などが多用された難曲であるため、クララの提案によりシューマンが撤回し、死後の1866年になって出版された。ロナルド・トゥリーニ(英語版)らが録音を残している。, シューマンは先人ベートーヴェンに倣って演奏記号を母国語で記している。so rasch wie möglich やnoch schneller wie möglich の意味は旋律に対する美的感覚も考慮して決められなければならない。, アベッグ変奏曲 作品1 - トッカータ 作品7 - アラベスク 作品18 - 花の曲 作品19 - フモレスケ 作品20 - 主題と変奏 WoO 24, 蝶々 作品2 - パガニーニの奇想曲による練習曲 作品3 - ダヴィッド同盟舞曲集 作品6 - 謝肉祭 作品9 - 幻想小曲集 作品12 - 交響的練習曲 作品13 - 子供の情景 作品15 - クライスレリアーナ 作品16 - ノヴェレッテン 作品21 - 4つの夜曲 作品23 - ウィーンの謝肉祭の道化 作品26 - 子供のためのアルバム 作品68 - 森の情景 作品82 - 色とりどりの小品 作品99 - 幻想小曲集 作品111 - アルバムの綴り 作品124 - 暁の歌 作品133, 幻想曲 作品17 - ピアノソナタ第1番嬰ヘ短調 作品11 - ピアノソナタ第2番ト短調 作品22 - ピアノソナタ第3番ヘ短調 作品14, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ピアノソナタ第2番_(シューマン)&oldid=79823251. シューマンには、ソナタのような形式的な枠組には中々当てはまらない幻想的な作品が多いが、このピアノソナタ第2番はコンパクトにまとまったソナタらしい曲に仕 … 第2番『ジーグ』 第3番『ロマンス』 4つのフーガ Op.72 第2番 ニ短調; 第3番 ヘ短調; 第4番 ヘ長調; 4つの行進曲 Op.76 第1番 変ホ長調; 第2番 ト短調; 第3番 変ロ長調『野営の情景』 色とりどりの小品 Op.99 第2曲『3つの小品 第2番』 第5曲『5つの音楽帳 第2番』 Copyright © music-box All Rights reserved.