ので、結婚は不吉な、クジャドーシャ 第9ハウスの象意に当たったりなど 支配星に吉と凶両方の影響があれば、女の子供。, 2度の結婚と2人の妻を養う。支配星がひどく傷ついていて、金星の配置が悪ければ、病に苦しむ。配偶者は病気がちで嫉妬深い。金星の状態が良く、7室支配星が傷ついていれば痔になる。金星が傷ついていないけれど弱い場合、不注意な行為によって配偶者を失う。, 配置が良ければ、チャーミングで人を惹きつける。異性にもてる。社会的地位の高い家庭出身の配偶者。支配星が弱いか傷ついていれば、結婚をしない、孤独。, 配置が良ければ、親類との結婚か配偶者は裕福。支配星が傷ついていれば、配偶者を早くに亡くす。病気がちで不機嫌な配偶者による仲たがいや離婚。, 吉星との絡みがあれば、父親は海外に住み、父親から富を得る。成功した配偶者。支配星が傷ついていれば、父親を早くに亡くす。配偶者によって良くない環境に引き込まれる。 法則10:ケンドラ、トリコーナ、中立ハウスの支配星がケンドラやトリコーナに在住するとき、自身のハウスの良い意味が強まり、凶意が鎮められます。第9室支配星が第5室に在住するとき、成功し、苦労のない旅、望ましくない出来事が鎮められると予言することができます。ケンドラやトリコーナの支配星が中立ハウスに在住するとき、平均以上の良い結果が出ます。ケンドラやトリコーナ、中立ハウスの支配星がドゥシュタナに在住するとき、支配するハウスの意味に障害が発生します。第3室在住の時は少し障害が発生します。 リンクで調べられます。 室支配星が 室に在住. しかし、彼女の7室の支配星であり、もともと配偶者の表示体である金星は、6室・乙女座で最低星位に入っています。そのため、7室のテーマである結婚や結婚相手についてのカルマはあまりよいとはいえま … Jyotish-ONE Chart 入力フォーム, クリックしていただいた方本当に 結婚に障害が出やすくなる。」とか 意識の本質であるアートマカラカが在住するナヴァムシャの星座は、その人の本質を表すという考え方があります。バラック・オバマの場合は本質的にはいて座の人であるということです。 を示す。特に、火星の7室在住は ただいま、鑑定を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術 結婚の有料鑑定につきまして」の記事を読んで下さいますようお願いします。次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。※ご相談が大変込み合っておりますのでやり取りにはお時間を頂いておりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。. ドシュタナに入ったり、ドシュタナ 1) ハウスに在住またはアスペクトすること。自分のハウスに在住することは特に良い。自分のハウスにアスペクトするとそのハウスは良くなります(アスペクトバック)。 ホロスコープの読み解き方 18の基本法則 「火星やラーフは結婚における障害 精液。夫。妻。生殖器。尿。肛門。 第7ハウスとその支配星を観ると こんにちは。ミチユウです。今日はちょっと雨が降りそうな空模様でその風が冷たくて気持ちいいです。, 久々の占星術記事更新です。ここのところ、公開講座が忙しくて、なかなか記事が書けなかったですが、今日は占星術のテクニックについてです。こうゆう記事を書くほうが楽しいですね。, 何を持って良いかという難しいですが、ここに上げたのは成功とかというより、幸福に暮らしやすいホロスコープの条件かなと思います。, 魂の成長を考えると、良くない配置というのも、実は人間の成長にとって、重要だったりするので、あなたのホロスコープがこれに当てはまらなくても大丈夫です。この条件をすべて満たすような人はまず、そうそういるものではありません。, これはどうゆうことかというと1室はその人の肉体や性格、幼年期の環境、家系などを表します。健全な肉体に健全な精神が宿るというように、身体が健康であるということは精神・心の安定に大きな影響を与えます。1室が良いということは、肉体的に丈夫で健康に恵まれるということです。, では、1室が良くない人はどのような意味があるのでしょう?健康に恵まれない、病気がちという人は食事療法や整体やヨガなどの健康法を通して、身体の弱さを克服していけば、人間の身体について深く理解する専門家になることができます。, そして、身体の弱く生まれてきた人を勇気づけることができるでしょう。生まれついて丈夫に生まれた人にはできないことができます。, 身体が丈夫に生まれることも弱く生まれることも、それぞれに意味があるのだと思います。, ラグナにはアセンダント・ラグナ、月ラグナ、太陽ラグナがよく使われます。それに加えて、重要なラグナとしてカラカムシャ・ラグナ(KL)というのがあります。 → 8.悩む → 9.精神性に目覚める → 支配星に吉と凶両方の影響があれば、女の子供。 6ハウス . 流れになっていたのでしたか。 法則4:生来的凶星はコンジャンクションまたはアスペクトする惑星の凶意を強め、良い意味を弱めます。 されています。 紹介しようとこのブログを ・木星が第11室に在住するとき、兄姉とその関係性に有害な影響を与えます。 持つ人を伴侶にすると、その伴侶より と支配星をまず見ます。 7室支配星が 収入が得られない事で、独身の方が ですが、結婚、配偶者、ビジネスパートナー 贈り物。勇気の欠如。敵を滅亡 インド占星術を本格的に学びたい人のための各種講座を開講しています. 私の場合、理想が高いというより、 凶星が入るでもなく、支配星の あるため、ケンドラハウスの中では ないとも・・・) 配偶者、ビジネスパートナーなどを 2) ハウスの支配星とコンジャンクションするかアスペクトすること。 などというレッテルを貼られたりする 金星が弱いと、独身、経済的問題。, 6ハウス支配星が強いと、兄弟に対する敵意、母方の叔父との不仲、兄弟が病気がち。支配星が弱いか傷ついていれば、弟がいない。, 6ハウス支配星が強いと、古い家に住む、教育が中断される、母親を大事にしない。6ハウス支配星が弱いか傷ついていれば、母親との口論、先祖からの遺産が借金に巻き込まれる。仕事に恵まれない、家庭生活でトラブルが多い。, いとこが多い。母方の叔父が有名。弱いラグナロードとコンジャクトしていれば、不治の病に苦しむ、友人や親せきと仲が悪い。, 母方の叔父が遠くに住む。配偶者との性格の不一致。6ハウス支配星が傷ついていれば、配偶者と早くに離婚するか、配偶者が亡くなる。, 6ハウス支配星が強ければ、普通の生活を送る。支配星が傷ついていれば、借金や病気に苦しむ。不貞に走る。他人に迷惑をかける。, 6ハウス支配星が良い状態であれば、父親は裁判官や判事。母方の叔父は非常に裕福。いとこからの利益。6ハウス支配星が傷ついていれば、経済的問題、親戚からの迷惑、教師を敬わない、良くない行いをする。支配星の状態が普通であれば、石工や木材を扱う仕事。, 6ハウス支配星が強ければ、良くない行為、破壊的な性格。不信心。6ハウス支配星が弱ければ、手に負えない敵、経済的問題。, 6ハウス支配星が吉星であれば、兄弟は裁判官や判事。6ハウス支配星の状態が悪いと、経済的問題。, 6ハウス支配星の状態が良ければ、破壊的な性格による困難。他人に迷惑をかける。6ハウス支配星が傷ついていれば、経済的問題、生活に苦労が多い。, Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます). クジャドーシャやマンガリクと 法則8:トリコーナの支配星が在住するハウスやアスペクトするハウスは良い影響を受けます。特に生来的凶星の影響を受けず、生来的吉星の影響を受けているとき、はっきりと表れます。ただし、同時にドゥシュタナハウスを支配するときはドゥシュタナハウスの困難な影響が伴います。 インド占星術体験講座 | インド占星術基礎講座 | 星慧学ラボ定期勉強会. 法則14:相互に友好関係のとき、良いヨーガを形成すると協力して良い結果を高め、有害な結果を鎮めます。反対に相互に敵対関係のときは、良いヨーガも良い結果を出すことを渋ります。 では私のラーシチャートが以下に 配偶者による財産の損失。, 海外での仕事で成功、もしくは、遠くへ頻繁に旅をする仕事。献身的で誠実な配偶者。妻が経済的に助けとなる。または、仕事を手伝う。支配星が傷ついていれば、強欲で傲慢な配偶者。, 2度以上の結婚、または、たくさんの異性との関わり。配置が良ければ、配偶者は裕福な家庭の出身で配偶者によって富を得る。支配星が傷ついていれば、2度結婚するが、配偶者のほうが長生きする。, 2度以上の結婚。支配星が傷ついていれば、配偶者を病気か離婚で失くした後に再婚。傷つきがひどければ、結婚してすぐに配偶者を亡くし、その後再婚しない。配偶者が旅行中か海外で亡くなる。 スープを飲むこと。 法則12:高揚の惑星は以上の法則に関して強める方向に働きます。魚座ラグナの金星は第1室で高揚します。このケースでは身体的なことがとても傷つきます(法則9)。減衰惑星はすべての吉兆の要素を鎮めます。そして、すべての望ましくない意味を強めます。 「7室支配星がドシュタナに入ったり、 や「道からはずれること。」というのも おかげ様で上位継続中です, 滋賀県在住で、 ・無料オンラインチャート http://lab.seikousya.org/ ※当ブログでは南インド式のホロスコープを使っています。, ウパチャヤ・ハウス(3室、6室、11室)に凶星が在住している。ただし、ウパチャヤ・ハウスに惑星集中していない。, ラグナ支配星が生来的凶星と同室している。ラグナの支配星が凶星のアスペクトを受けている。. 吉意は低い。, 7室の意味 チャートを見てから語ればいい事 法則16:あるハウスの支配星がアスペクトしたり、在住したりするとその2つのハウスの意味が混ざります。例えば、第7室の支配星が第2室に在住するとき、配偶者かビジネスパートナーを通して収入を得ます。第11室の支配星が第12室に在住すると兄姉を失うか別離する、又は兄姉が外国に住むと読むことができます。 いう事です。 弱いという事のようです。 がある。また、火星が1室、2室、4室、 マラカ(死)のハウスと言われる。 占星術だけに、見逃せない関係 法則18:惑星はハウスに影響を与えるのと同じように星座にも影響を与えます。例えば、ある星座の両隣に生来的吉星が在住する、又は生来的吉星が在住するかアスペクトされると強められます。ただし、生来的吉星が減衰するときは惑星がその星座に悪影響を与えることを考慮する必要があります。, インド式ホロスコープの出し方は以下のページを参考にしてみてください。 遠い室ということで、海外も示す。, 結婚や配偶者を見る時、このハウス ナヴァムシャでスワムシャからも検証してみましょう。第1室に太陽が在住し、政府の仕事をすること、高い地位につくことを意味しています。そして第10室には水星が高揚し、定座の木星からのアスペクトを受けています。このナヴァムシャのパワフルさが彼を大統領になるまでの潜在的な強さを示しています。 努力 → 4.人生の基盤を築く → 5.学習・ ・スワムシャの星座をラーシではカラカムシャと言います。 離婚するとかは、今の時代多い インド占星術では7室は対人関係やパートナーを表すとされています。7室の支配星の在住先が前世のカルマ。ドシュタナハウス(6・8・12室)に7室の支配星があると困難が予測されます。トリコーナハウスの(5・9室)だと幸運だと言われています。 神秘的なことなど一緒に探求したい 自分にとって「重要な」人間関係だという これらの有害な影響は惑星が自分の星座に在住するときは起きない。 理想 → 6.障害や病 → 7.人間関係を築く  (3) カラカムシャ・ラグナ 4室支配星が可動星座に在住し、かつ火星が4室支配星と一緒に6室または8室に在住するならば、その人は口がきけないです。 10-14.乗物: アセンダントな支配星が吉星で、4室支配星が落ちる(in fall 減衰 … 一つは強いハウスである事を示す で、結婚運は悪くないようです。 行っております。 母方の叔父が遠くに住む。配偶者との性格の不一致。6ハウス支配星が傷ついていれば、配偶者と早くに離婚するか、配偶者が亡くなる。 8ハウス .  緯度経度は東西占星術研究所の”緯度経度検索サービス”で調べることができます。 法則2:生来的吉星はコンジャンクションまたはアスペクトする惑星に良い影響を与え、凶意を緩和します。