%%EOF 50 0 obj <>stream せん妄を起こす恐れのある患者さんにとって、予想しないことが起こることは避けたいものです。入院中であれば、今後のスケジュールを丁寧に説明することが大切です。 … 0000008652 00000 n <>>> 良くするのは難しいこともあります。 ご家族の役割 不安や寂しさをやわらげることも、「せん妄」の大切 な治療です。ときに、ご家族が側にいてくださるこ とが薬より有効なこともあります。 患者さんが安心できるように、言うことを否定せず、 ・幻視や妄想 ・興奮状態(大声を出す、そわそわと動き動き回る、暴力など) ・認知症のような症状(集中できなくなる、最近の出来事を忘れる、どこにいるのかが分からなくなる、会話が噛み合わなくなるなど) ・睡眠リズムの障害(昼夜逆転や、睡眠中も落ち着きがないなど) ・意識の混濁 せん妄 … 0000005302 00000 n 2 0 obj H��V�n�6}�W��(�H��˸h��� }(���noH��M���%%ٙq&�(��%Y��9�(��n�y����������|�����[0�>t7�=����M��� 6S0����)Zf��,s��zG�c�]�[W|���[W�����K %PDF-1.5 Intensive Care Med 27(5):859-864, 2001, Gusmao-Flores D et al:The confusion assessment method for the intensive care unit(CAMICU)and intensive care delirium screening checklist(ICDSC)for the diagnosis of delirium;a systematic review and meta-analysis of clinical studies. それでは、せん妄の予防について家族や身近な人ができることを見ていきましょう。 1.今後起こることを教える. せん妄の予防は,患者さんの家族にも協力してもらうとよいでしょう.そのためには,家族にせん妄やその予防方法などについて理解してもらうことが大切です. 家族の協力を得ることで,時計やカレンダーの設置,眼鏡や補聴器の提供,写真やクッションなど家族のものを置いてもらうこと� xref 0000094571 00000 n 0000001736 00000 n 15年目の内科医師です。大学病院、総合病院、クリニックでの勤務歴があります。訪問診療も経験しており、自宅や施設での介護についての様々な問題や解決策の知識もあります。, 【安心介護会員の声】 がんの終末期には「せん妄」という症状がみられるようになります。せん妄が始まった時からでも、実は家族ができることがあります。ここではせん妄と余命の関係、ご家族がせん妄の患者さんにできることを解説します。せん妄とは意識障害が起こって頭が混乱した 0000091938 00000 n trailer 0000094546 00000 n © Copyright 2018-2020 早期緩和ケア相談所 / 早期緩和ケアセンター. stream <> Crit Care 16(4):R115, 2012. 東海大学医学部付属八王子病院ICU・CCU 集中ケア認定看護師, [出典]『基礎からはじめる鎮痛・鎮静管理マスター講座~せん妄予防と早期離床のために~』(監修)道又元裕、(編集)剱持雄二/2015年2月刊行, Pandharipande P et al:Lorazepam is an independent risk factor for transitioning to delirium in intensive care unit patients. All rights reserved. 0000003347 00000 n h�b``d``������o bÁ P��9�4600��K(^�MՊ�z�� ((���c��耨!&n9 - ��`I�i���< �g0�`X��(���.W�=LJ���� ���0���+�1�4���c`�Ҍ@� � ��� 0000008299 00000 n 0000003322 00000 n 0000001588 00000 n <>/ExtGState<>/XObject<>/ProcSet[/PDF/Text/ImageB/ImageC/ImageI] >>/Annots[ 29 0 R] /MediaBox[ 0 0 595.32 841.92] /Contents 4 0 R/Group<>/Tabs/S/StructParents 0>> 0 4 0 obj x��}ߏ$7��{�?��� ��E�@�@Ue��n�]؇{̃��㙅۞��aq����"�*��:�e�]�PP"E�#������������Ӈ��>����~���O���~�����������������������Y/������~�����p���7�y��rfw�NI�9�S��,���o���ߟ~~�����o�?���N�����y:�S�t���Ogʧ�>����N?�W���c#]'���͟>L9>����.߼s���=x.�)?�zaʏ�Q�*v�_N�;�\����LJ�� �����/������/��[�M�4h�9�㳣Q���o��+-�~���o���9�R�w�2 0000002932 00000 n 0000000856 00000 n �%�\��'����ߴ����Ӵ��x�j��e��r&�'O��#�r��A6�;���6��\������.��� ���ʿ��e��NG����b1ٖ�c���t�ֿ_%g|������ӿ�������nc�P�M� ��n;�#�'d��m��U9v;�o;ԯw�#��\�M2w��-��I��S��\ʃ��N˯0�|Lu�A��p��e���K[��js�:���y�l(M�&������Ή���6\� ��ÊD/>ν�������F�f@%�8�G�K�����wG�������x�S6���S���}*]�'兀�R~����ӡ��O�+?�ugzE�w�o�������j����P�.�~w����ȏ��;���o�ή�Wne]�e�1��j��ו7�?aJ:�����}�/B�����^c0oK��[al���?���s� ��q�u��w�#V��f/݆������u}�H=������:䡭G���g��o�_�v޶���%s�5�D�-������HG�H��~� ��qc?��e��AǼ_�x�u~��r���4=�� ?�4��rX�׀��*,��p�P.�p�\��>��.�~w���fw<. ただしこのような時に、ベンゾジアセピン系薬を用いると、余計に混乱や興奮が強くなるケースもあり、医療用麻薬も同様で(少なすぎて痛くても、多すぎても、せん妄増悪させうる)、抗精神病薬を重ねて加療したりなど, 後の瞬間はけして心停止・呼吸停止だけではない。その前までに十分そばにいれば、その一点の時間に合わなくても十分「死に目に会えた」といえる, 看取りでは、「何もできなかった」と思うことは、一生懸命思っていればいるほど、ご家族の方にも医療者にも普通にあることです。しかしけしてそんなことはなく、, 先進医療・遺伝子検査もカバーされる保険もあります。使える保険に変更を検討してみるのも良い方法です, 末期がんの本当に最後の症状と最期の様子と家族のすること【2020年版の専門医解説】, 末期癌最後の症状や余命1ヶ月の症状とできるだけ楽になる方法【2020年版の専門医解説】, DA-EPOCH-RとR-CHOPの読み方 びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)の治療, 芍薬甘草湯が使えない足のつり(こむら返り)に牛車腎気丸が効くか 甘草量が多い漢方と副作用, 末期ガン最後の症状(余命数日・最後の数日)と終末期鎮静【2020年版の専門医解説】. せん妄とは、様々な要因によって引き起こされる意識障害です。高齢者には特に起こりやすく、認知症に似た症状が現れます。この記事ではせん妄の要因や症状、認知症との違い、家族ができる対応など、あらかじめ知っておきたい基礎知識をまとめました。 0000094409 00000 n �9��9� �~G�����#�S0���h�'��`� ��`h�����Y�����0`?�����Y��L���~rl�?_1P�c̺Q#v5b�*9;�̮�>I�lp.�8��! 介護の専門家に無料で相談もできます。, どんな人が後見人になるか? 後見人は誰が決めるか? 親族が後見人等になれるか? 法…, 大人用おむつ は、寝たきりで介護が必要な方だけでなく、さまざまな場所で使用されて…, 週二回程度だったせん妄の頻度が増えて困っています。せん妄が穏やかになる薬はあるのでしょうか。 | 介護のQ&A | 安心介護, 一週間ほど前から主人のせん妄がひどくなり、デイサービスも早退になりました。どう対応すればいいのでしょうか。 | 介護のQ&A | 安心介護, 「介護の困った」解決のお手伝い 電話・WEBで問合せいただけます【安心介護総合案内】, ▼母の食事介助をしていますが、残すので量を少なめにすると父が機嫌を悪くします。どのように食事量をコントロールすれば良いでしょうか, ▼ショートステイを試してからか即入居かで迷っています。何から始めることが両親にとって一番良い方法でしょうか?. Crit Care Med 41(3):800-809, 2013, Inouye SK et al:A multicomponent intervention to prevent delirium in hospitalized older patients.N Engl J Med 340(9):669-676, 1999, MARTINEZ FT et al:Preventing delirium in an acute hospital using a non-pharmacological intervention. 「顔も知らないけれど心に寄添ってくれる、心は安らぐ、私にとって大切な場所」 低活動性せん妄という興奮や混乱があまり前景に立たないせん妄だと、看ている側の家族としては相対的にはストレスは軽いかもしれません。, けれども過活動性せん妄だと、興奮や混乱が強く、異常な言動も目立ちますので、看ている側としては大きなストレスとなります。, 余命が日にちの単位でそのようになっている場合は、全身の状態悪化が脳に影響をしていてせん妄となっています。, したがって、(気持ちはとてもよくわかりますが)「元に戻る」ことを願い、意識を下げない系統の苦痛緩和を目指すと、効果が不十分となることも多いです。, 医師と十分相談し、興奮や混乱が強ければ、(死なせるという意味ではなく)うとうとと眠れるような薬剤をしっかり用いたほうが良いでしょう。, ただしこのような時に、ベンゾジアセピン系薬を用いると、余計に混乱や興奮が強くなるケースもあり、医療用麻薬も同様で(少なすぎて痛くても、多すぎても、せん妄増悪させうる)、抗精神病薬を重ねて加療したりなどかなりの繊細な治療を要求されます。, 大切なこととして、終末期になる前の意識清明な時に、十分意思疎通を図っておくということが挙げられるでしょう。, 身の置き所がない様態の患者さんを見ているご家族は、一般につらいです。特に混乱や興奮が強い場合はそうで、しばしばインターネットで体験談を拝読すると、そのつらさが伝わって来ます。ただひとつ重要なこととして、末期癌で上のような症状が出た際は、残り時間はもう極めて限られている、ということです。, 確かに、苦しむ家族を前に、何もできない、いても意味がない、いてもつらいだけ、そのような気持ちはよくわかります。, そう、やはりせん妄によって、時間や場所、人の感覚が障害されてしまっている状況ではあっても、切り離されそうになるつながりを引き留めるよすがとして、ご家族がいらっしゃるということはとても重要だと思うのです。, それなので、過剰なそれに関しては、しっかりと薬剤等を用いて緩和してもらうように要請することが大切でしょう。, しかし、そんなことはないのです。いてあげることだって大変なこと。勇気が必要です。そして、いてあげることは、十分以上にできることです。, 実際に、ご家族が付き添われている時は、患者さんが少しだけ楽になっているようにみえることはしばしばあります。気がつかないだけで、実は最後の瞬間まで、ご家族が緩和を与えていると思います。, 最後を見守る、というのはとても大変なことです。一人では倒れてしまいます。総力戦です。それなので、私からのちょっとした提案です。, ● 最後の瞬間はけして心停止・呼吸停止だけではない。その前までに十分そばにいれば、その一点の時間に合わなくても十分「死に目に会えた」といえる, ● 余命日単位のせん妄は、言葉を訂正することも無意味。同意してあげることが大切です, 緩和ケアの世界では昔から「Not doing, but being」という言葉あります。「何かをすることよりもそばにいることが大切」というケアの真髄を示す言葉です。, 「何かをしてあげたい」という気持ちは大変貴重なものです。一方で、何かをするよりも、ただそこにあること、いることがもっともっと支えになることがあります。, 看取りでは、「何もできなかった」と思うことは、一生懸命思っていればいるほど、ご家族の方にも医療者にも普通にあることです。しかしけしてそんなことはなく、人は最後の数日で、たとえ話せなくても、なお与え、なおもらっている―そう思います。, 最期の様子、どうだったでしょうか。私たちはいつか誰もがこの時間を迎えます。そして最期の時間はこのように、言葉で気持ちを交わすことは難しくなります。だからこそ、前もって大切な方たちと十分に有事の際のことを相談することが必要になるのです。, そして、本当の終末期においては、「すること」よりも「いること」に焦点を当ててケアにあたって頂ければ、悔いも少なくなるのではないかと考えます。, 緩和医療専門医/緩和クリエーター。数千人の患者さんの緩和ケア、終末期医療に携わり、症状緩和のエキスパートとして活動している。著書や講演活動で、一般に向けて緩和ケアや終末期ケアについてわかりやすくお伝えすることをライフワークとしている。, (相談は完全予約制なので、ご来訪前に必ず予約をお取りください。インターネットからがおすすめです).